人手不足が中小企業の経営に及ぼすインパクト

中小企業にとって、人手不足というのはその経営に少なからずインパクトを与える要因となっています。
現状、中小企業はどれほどの人手不足に悩まされているのでしょうか?
また、その対策としてはどのような方法が考えられるでしょうか?

人手不足が及ぼすインパクトは?

現在は、アベノミクスにおいて景気の拡大を掲げているものの、少子高齢化による労働人口の減少がネックとなり、人手不足となっている中小企業が増えています。
有効求人倍率が増加し、失業率が低下するようになってもその点は改善されていないのです。

日本の経済状況は緩やかな回復傾向にあるとはいわれていますが、就職希望者の総数自体が減少している中で大企業を希望する傾向が高いために、中小企業までその人手が回りきらないという状態になっています。

そのため、中小企業は全体的に人材確保に取り組み、中長期的な展望について分析する必要があるでしょう。
そうして、有効な対策を考えていかなくてはいけません。

人材不足が中小企業の経営に与えるインパクトには、新事業や新分野への展開を考える企業が停滞してしまうという点がまず挙げられます。
新事業となると、通常よりも人手を多く割く必要がありますが、そのための人材を確保できないのです。

また、需要が増加した際にも人手不足でそれに対応できないために、機会の損失が発生してしまうことがあります。
業務の拡大にもつながるチャンスを逃す形となってしまうため、直接的な損失ではないものの将来的にみると大きな損失へとつながる可能性があるでしょう。

それ以外にも、技術やノウハウの承継が困難になる点や、現状の事業と同様の規模を維持するのが難しくなるなどのインパクトも生じます。
かといって、人材確保のためにただ待遇をよくするだけではコストの増加につながってしまいます。

また、現状の人員で人手不足を補おうと思った場合は、一人当たりの作業量が増加してしまうためブラック企業になってしまうかもしれません。
人手不足の解消には、どのような取り組みが必要となるのでしょうか?

中小企業はどう取り組むべきか?

人手不足の解消に取り組むためには、まず現在の従業員が満足できるような職場環境を整える必要があります。
そうしなければ、たとえ新規に採用したとしてもすぐに辞めてしまうでしょう。

まず取り組むべきは、長時間労働を是正することです。
中小企業は、勤怠管理がルーズで長時間労働が常態化している場合があります。
残業代も正規に支払われないことがあるので、労働時間が長時間にならないよう管理をしっかりと行いましょう。

また、人手不足により休暇が取りにくい職場も多いという点も、中小企業が敬遠される要因となります。
週休二日制や休暇制度などを充実させることで、従業員のやる気アップにもつながるでしょう。

様々な事情から、正社員として働くことができない事情がある人も多いのですが、そういった人は時間や勤務地の都合がつけば働くことができます。
そういった人材に対して柔軟な対応をすることで、人材を確保することができるでしょう。

設備投資によって、中小企業の作業効率がアップすることもあるのですが、コスト面に難があって見送っている企業もあるでしょう。
そうした中小企業は、助成金や補助金などを活用することで、設備投資にかかるコストを最小限にすることができるでしょう。

助成金や補助金には様々な種類があるので、まずは自分のケースで受けられるものがあるかどうかを調べてみましょう。
場合によっては、アドバイスをしてくれる専門家に相談してみることも必要です。

まとめ

中小企業の多くは、人手不足が問題となっています。
人手不足は、中小企業の経営に対して事業拡大を困難にするなどのインパクトを及ぼしていることから、即急な解消が求められています。
そのためにはまず、現在の従業員の労働環境を充実させることが必要であり、同時に設備投資などの資金を得るために助成金や補助金などを積極的に利用していくことが大切になるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

今更聞けないキャッシュフロー経営の重要性を徹底解説... 経営には成績表があります。 PLと呼ばれる損益計算書、BSと呼ばれる貸借対照表、そしてCFと呼ばれ...
雇用環境を考える 〜副業・兼業の推進について〜... 日本では現在慢性的な人材不足に陥っており、ほとんどの企業が計画通りに人材の確保ができていない現状です...
経営者が知っておきたい税金の種類... 法人にはたくさんの税金がかかる? 企業を経営するにあたって納める必要のある税金は法人税以外にも数多...
マイナンバーが民間利用される?認定企業の活用方法とは?... マイナンバー制度は、税・社会保障・災害対策の行政手段で利用されることになっています。民間で活用される...
情報セキュリティの基準作りがリスク回避につながる... 企業経営においてリスクは常に背中合わせです。 中でも、情報漏洩などの問題は多く企業で起きています。...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る