教育の重要性は企業経営においてどれほどあるのか?

従業員の教育は多くの企業が苦戦している印象です。
しかし、今教育の重要性が存在感を増してきていることに気づいておりますでしょうか?
今回は教育の重要性が企業経営においてどれほどあるのかについて解説させて頂きます。

企業経営における従業員教育

マクロな話をしましょう。
近い将来企業は2極化すると予測できます。
一つは、圧倒的分業による生産性の追求。もう一つは、技術を高めることによる付加価値の追求。
前者はハイテク機械の進化により人が必要な領域が減っていくでしょうが、現時点ではまだまだ有効な手段だと言えるでしょう。
後者は、日本企業があまり得意としない所ですね。
日本企業はどちらかと言えば、高品質低価格の商売を行ってきておりますが、これは高品質高価格というものです。ドイツなどがいい例になるでしょう。
これまで見てお分かりになるように、日本は今このどちらにもあまり属していない企業が数多くあり、今後どちらかに舵をとっていく必要があるのです。
そして、どちらに進むにしても教育は非常に重要だと言えます。
分業にシフトするにしても、それぞれの作業領域ではハイパフォーマンスをおこなう必要があるため、それなりの教育が必要です。
分業の場合、スピードが優先される場合が高いためある一つの分野が滞れば他の作業領域にも影響を与えてしまうため、より教育の重要性は高いとも言えます。
一方で、付加価値追求型はどうでしょうか。
こちらはゆうまでもなく技術の教育が必須です。
実は日本には付加価値追求型に向いている企業がたくさんありますが、職人数が少なかったり、マーケティングができていないなどの理由でまだまだ日の目を見ていないことがたくさんあります。
そのため、職人技を一つ一つ棚卸しして、できるだけ簡単に身につける事ができるなどの準備が必須になるでしょう。

従業員教育は会社の競争力強化につながる

このように従業員教育はこれからの会社経営において非常に重要な役割を持っているのです。
そして教育が機能すればするほど、会社の生産性は上がります。
そして教育体制が整うことで、新人が結果を残すスピードも上がります。
結果が出るスピードが出れば、会社の負担も少なくできますし、従業員にも自身が芽生え離職防止にも繋がります。
これから採用難はまだまだ続きますから、こんなに大きなメリットはありません。

このように従業員教育を行うことで、様々な恩恵を受けることができます。
教育を整備する過程は非常に厳しく苦労しますが、だからこそやりきった時のリターンは大きいのです。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る