リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(学校)

近年、学校に関係する事件や事故は多様化しており、いじめや暴力行為、インターネット犯罪、不審者による児童生徒の殺傷事件というようにその内容も深刻化しています。
このような学校での危機は、児童や生徒にとって好ましくない環境を及ぼしますので、不測の事態が発生した時に学校がどのように対応するかがその後の信頼性に影響すると考えられます。
そのため学校では多様なリスクを体系的にとらえていき、未然に防ぐことができるような取り組みや対応など、組織的な危機管理が必要です。


学校の組織体制の整備を
まずは学校の規模等に応じた危機管理責任者、危機管理推進者、危機管理委員会といった組織体制を整備しましょう。

・危機管理責任者
学校においての危機管理の最高責任者の立場にあるのは校長です。
児童や生徒等の安全と安心の確保を第一に考え、危機管理体制の確立に万全を期し平常時のリスク低減対策や危機発生時の的確で迅速な対応を行うことが必要になります。

・危機管理推進者
危機管理推進者は校長の指示に基づいて、平常時にリスク体系の把握、危機管理マニュアルの整備、研修訓練の実施など管理を行います。
教育活動や業務で有するリスクを把握し、危機発生を未然に防ぐための活動を行うことも必要です。

・危機管理委員会
危機管理を推進する連絡調整機関として設置しますが、委員長は校長としてあとは危機管理推進者など必要な人員によって構成していきましょう。
危機管理に関しての情報収集や分析、情報共有を行いながら、危機発生時においての対応方針を検討し学校内の連絡調整を行うことが必要です。
賠償責任問題に対する対応の検討も必要
そしてここ数年、学校での事件や事故と共に目立っているのは、学校の管理ミスに対しての賠償責任問題です。例えばどのような事例があるのか、起こりうるケースを想定しておくことが必要だと言えるでしょう。
教育活動中に発生した事故による賠償責任
例えば職場体験などの受け入れ先の学校で、教師が置き皿を割ってしまうケースや、理科の実験中に器具の使用方法を間違って教えてしまい生徒がケガを負うといったケースなど、教職員が原因による事故も想定されます。
さらに部活動の試合へ自転車で向かっている途中に、通行人にぶつかってケガを負わせてしまうケースや、学校内で休み時間中にキャッチボールをしていたらボールが来校者の車にあたって損害を与えてしまうという生徒による事故もあるかもしれません。
学校教育活動中に教職員や学校管理下中の生徒の行為で、生徒や第三者に障害を及ぼした場合や財物を壊してしまった場合など、法律上の損害賠償責任を負うことになります。
盗難な紛失などのリスク
例えば生徒から預かっていた携帯電話を紛失したというケースや、体育の授業中に教室にあったはずの制服を盗まれてしまったなど、紛失や盗難などのリスクも考えておく必要があります。
学校が第三者や生徒から預かった保管財物を管理している間、失火などで損壊した場合や、紛失・盗難、詐取などで持ち主等に対して損害を及ぼした場合には、持ち主に対する法律上の損害賠償責任を負うことになります。
保険などで備えることが必要
他にも施設の設備の欠落などのよる事故や総合学習中の事故、借り物に対する事故   など様々な部分でリスクを考えておく必要があるでしょう。
学校の施設の使用や管理、教育活動の遂行に起因する生徒や第三者に対する損害は、学校が法律上の損害賠償責任を負担することになるケースがほとんどですので対応できる保険などで備えておくことが必要です。多額の損害賠償責任を負うことになっても対応できるようにしておきましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

教育業界:教材の著作権に関する問題は教育機関の大きなリスクに... 現在教育分野では情報通信技術を活用する方法が多く取り入れられるようになっています。しかしここで問題と...
介護の現場/介護施設の夜勤... 介護施設の労務管理を行う場合に重要なのは労働時間管理で、入所者もいることから24時間稼働で効率良いサ...
マイナンバー制度導入による企業が抱えるリスクとは?... 住民票を有する人に12桁の番号を付与するというマイナンバー制度が導入され、企業は従業員の本人確認を行...
企業保険のメリットとは?... 役員退職慰労金の準備のために企業保険を上手く活用する方法があります。 生命保険は経営者の死亡保障と...
運送業:運送コストを考える?... 運送業を営む上で検討していかなければならないのは運送にかかるコスト削減です。企業を経営していくにあた...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る