中小企業の社員は何故やめてしまう!

中小企業の経営者が近年抱える悩みの中に、新しく社員を採用してもなかなか良い人材に巡り合えないというものがあります。
採用してもすぐに辞めてしまったり、長く続かなかったりと、採用だけでなくその後の教育にも苦労しているケースが多いようです。
なぜ中小企業の社員はすぐに辞めてしまうのか、その根本的な原因を知ることで人材不足を解消できるかもしれません。


中小企業は魅力を感じない職場?
中小企業の中には、従業員数が20人に満たなくても予算管理や実績対比を行い無駄の削減に努め、ノルマを社員がこなすことで毎期黒字決算を迎えることで多額の法人税を納税している大企業レベルの給与水準が確保できている企業もあります。
反対に経理はどんぶり勘定で、さらに通常は赤字でたまに黒字が出るといった傾向が強く、社員に対する賞与も社長の気分次第といった企業が中小企業の場合多く見られます。そうなれば従業員の給与水準も上がらないのでモチベーションも低下する可能性があります。
社員は自身の生活や家族を養っていくために働き、それに対する報酬として給料を受取るために働いています。十分な額が支給されなければ社員も辞めて転職を検討することになると言えるでしょう。
大企業とは異なる部分が多い
また、大企業の場合には人数が多く、部署や配置換えなどで様々な人に出会う機会があるでしょう。そのことで人間関係の悩みも出てくるケースはあるでしょうが、中小企業の場合には少人数なので毎日顔を合わせる相手も決まっており、そこで人間関係に悩むことになれば仕事が苦痛に感じる可能性があります。
さらに大企業と違うのはイメージ戦略の必要性が薄く、立地条件などもあまり良くないケースもあるようです。
しかも長年勤務してきた社員で固定されていると、社員の高齢化が進み若い人材を雇うハードルが高くなってしまいます。
働く人の考え方も今は違う?
現在リタイアしている世代の人たちは、勤勉さや責任感、そして充実性が高く、現在ではブラック企業だと言われるような仕事でもこなしていました。それが高度経済成長期を引っ張ることができたことに繋がっているのでしょう。
企業も終身雇用というリスクの高い雇用形態を取れたのは、そのような状況があってこそかもしれません。
しかし今は時代の流れで、自分のやりたい仕事ではないという理由や、定時で帰宅できない、賞与が少ない、仕事がきついと様々な理由で職場を退職してしまいます。
中小企業が抱える雇用のリスク
雇用は一定期間で雇用した社員が辞めないことを前提に成り立つ契約ですので、人材の募集から採用、教育という流れを得て、それまでに費やした時間やコストを超える収益を生むことができれば採算が合うことになります。
これが途中段階で辞められてしまうと、それまでかけた時間やコストを無駄にすることになります。今その状態を繰り返している中小企業はとても多いと言えるでしょう。
雇用の在り方を変える必要がある?
しかし時代の変化などを理由にしても社員が辞めてしまうことは改善できませんので、改善するためにはその時代に対応できるように経営者が変わるしかありません。
これまでと同じ雇用形態を続けていても人は長続きしないことを理解していくようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

ソーシャルメディアによる会社のリスクは?... インターネットやスマートフォンが普及した事により、日常生活にソーシャルメディアは浸透し続けています。...
リーマンショックとは?世界的金融危機による影響... リーマンショックについて 2008年9月、アメリカ第4位の投資銀行だったリーマンブラザーズは、高リ...
損益計算書はどこを見れば良い?企業の問題点を探るために... 損益計算とは一会計期間内にどのくらい利益を得ることができたのかを計算するという会計用語です。 損益...
倒産とは?会社が行う倒産手続きの種類について... 倒産というと、会社が事業継続できないくらい経済的に破綻してしまうイメージがありますが、このようなこと...
雇用環境を考える 柔軟な働き方がしやすい環境整備... 働き方改革を進める上で働き方の多様性を認めることは必要不可欠になります。 つまり、一人一人にあった...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る