製造業:製造販売した製品トラブル

製造販売した製品に対するトラブルへの備えとして、例えば身体への障害や財物損壊を伴う第三者への賠償のためにPL保険へ加入すると思います。
他にも製造業者がトラブル発生時に加入しておきたい保険に、「E&O保険」があります。E&O保険は、身体への障害や財物損壊を伴わない第三者への賠償に対する備えとして加入しておく保険です。
PL保険と同時に加入しておくことで互いの補償範囲を補完し合うことが可能となります。


製造業者E&O保険で支払いを受けることができるケースとは
製造業といっても様々な業種に分けられますが、その中のサービスにおいて発生した事故が発生した場合、どのような事故で支払いを受けることができるかは次の通りです。
・自動車部品製造業
自動車のドアラッチ製品が仕様に合わなかったことが完成した自動車の検査で発覚し、部品を交換するために納品が遅れ自動車部品メーカーへ逸失利益を賠償請求されるケース
・金型製造
エンジン部品用の金型を製造したが仕様に型が合っておらず、締切日までにエンジン部品を製造できなくなり金型メーカーに逸失利益を賠償請求されるケース
・金属部品製造
電力会社用の風力発電用のギア減速部品に欠陥が発覚したことで、ギア製造業者が逸失利益を賠償請求されるケース
・金属加工業
浄水システム用のバルブが仕様に合っておらずシステム故障を起こしたことで、バルブ製造業者が逸失利益を賠償請求されるケース
・印刷業
食品加工業の表示ラベル印刷に原料の記載漏れがあり、輸出の際に受け取りを拒否され、印刷業者が逸失利益を賠償請求されるケース
・梱包業
出荷した商品に警告ラベルを貼付し忘れたことが発覚したものの、貼付し忘れたものの特定できずに全ての商品が店頭から撤去となり梱包業者が逸失利益を賠償請求されるケース
E&O保険はPL保険で補償されない部分をカバー
保険はどのような事故にどの保険で補償するといった目的と手段という補償範囲が決まっています。
PL保険の場合には対人や対物事故を伴う生産物賠償リスクが補償範囲です。
対人や対物損害を伴わない生産物賠償リスクは補償範囲ではありませんので、補償してくれるE&O保険への加入を検討しましょう。
どちらも加入しておけば、生産物賠償リスクを総合的にカバーすることができます。
製造業者E&O保険は海外リスクへも対応
日本では馴染みが薄いE&O保険は、海外では取引条件に加入が義務付けられることもあります。
完成品メーカーの立場になれば、部品メーカーを選ぶ際には納入された部品の一部に不具合などが発覚し製造が延期になると生産ラインが停止して多大な損害となります。
このような場合に部品メーカーがE&O保険に加入してくれていれば、賠償を受けることができてリスクヘッジが可能になるため安心です。
このようにE&O保険は、部品メーカーが取引先を新規で開拓していく上で完成品メーカーに対して安心感を与えることができる保険だと考えることができます。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る