ミニ保険(少額短期保険)とは何か?

みなさんは保険を選ぶ際、どのような部分に着目して商品を選びますか?
例えば、保障内容の充実さや月々の保険料、契約期間など様々挙げられますが、やはり毎月きちんとお支払いできるかどうかが大前提ですよね。
実は最近、少額で保障が得られる商品があるのです。
本記事では、今注目の「ミニ保険」をご紹介しましょう!

ミニ保険はどのような保険商品なの?

近年、少額で安心を得ることができるミニ保険の存在に注目が集まっています。
どのような部分が「ミニ」なのか、気になる人もいるでしょう。
ミニ保険という呼ばれ方になっているのは、もしもの時に受け取る保険金と保険の対象となる期間が関係しています。

一般的な保険の場合は、例えば病気や怪我をした時、それに応じた保険金を受け取ることができますよね。
さらに、対象となる期間も、10年、20年と長期であることがほとんどですので、一度加入すると長い期間保証してくれますよね。
しかし、ミニ保険の場合は、これらすべてがミニサイズになっていると言えるでしょう。

この保険の定義は、対象となる保障期間が1~2年であり、保険金の金額が1000万円以下になる保険のことを言います。
そのため、長期的な保障までいかなくても、必要な時に安心が欲しいという時に対応できることになりますよね。
保障期間や保険金の金額面から、月々の保険料も少額になることが多く、お手頃だという声が多数あるでしょう。
例えば、比較的安い商品だと、月々の保険料が数百円になっている商品もありますので、それだけで安心が得られるとなると、驚きですよね。

このような保険は、一般的な保険会社での販売ではありません。
保険の取り扱いは、財務局に登録した会社になりますので、業務形態が少し違っていると言えるでしょう。
比較的参入しやすい業界だとも言われていますので、近年その商品数は増加傾向にあると言っても過言ではありません。

どのような場面で活躍する保険内容があるのか?

ミニ保険の特徴は、幅広い内容でまんべんなく保障を与えるというよりも、厳選された項目の保障を得るといった傾向があります。
従って、最低限の保障がなされて、保険料がお得だといいなと考えている人にとっては、ニーズに叶った商品だと言えるでしょう。
その内容は、幅広く、こういう内容もあるのかと意外に思う人もいるかもしれません。

例えば、レジャー関係での怪我や遭難に対応する保険、スマホが壊れた時の修理費用を補償する保険があります。
特に、スマホは毎日使う道具になりますが、意外と修理には高額な費用がかかってしまいますよね。
その費用負担を軽くすることができるとなると、金銭的にはとても助かること間違いないでしょう。

さらに、ミニ保険の中でも人気が高いのは、弁護士保険になります。
近年は、個人間の小さな争い事でも、拗れてしまい大きなトラブルに発展してしまうというケースは少なくありません。
そして、このような保険に加入しているという人は少ないですので、いざという時にどう対応したらいいのか分からないということもあり得るでしょう。
月々1000円かからずに、弁護士に相談できることは、費用的にもお得に安心を買うことになりますよね。

その他にも、葬儀に関する内容や高齢者の独自の事情に対応した内容もありますので、そのバリエーションは豊富です。
日常生活だけでなく、仕事面でもちょっとした安心感を得たい場合は、ミニ保険への加入がオススメできるでしょう。
お金で安心を買うにしても、少額ですので、そこまで大きな負担にはなりませんよね。

参考URL NIKKEISTYLE
(https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33844690W8A800C1K15200/)

まとめ

今回は、ミニ保険についてご紹介しました。
一般的な保険とは違い、ミニ保険は保障範囲や期間こそ限定されてるものの、少額の保険料で十分な安心を得ることができます。
商品内容は、現代的な社会問題に特化した物が多いので、多様なニーズに対応できると言えるでしょう。
少額の保険料で安心が得られるのは、他の保険との違いにもなりますので、検討してみてはいかがでしょうか?

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業の黒字廃業はなぜ起きるのか?その実態を解説します... 黒字廃業という言葉を知っていますか? 廃業というと、会社に利益が出なくなり行うものだというイメージ...
従業員の健康問題は経営にどう影響するのか?... 昨今、企業の経営において注目されているのが、従業員の健康問題です。 なぜ注目を集めているかというと...
役員退職金額の税務調査対策... 近年、役員退職金の否認裁決が出た事で、企業にとって役員退職金はどの程度であれば適正と判断されるのかに...
最も企業が重視するリスクは労働・雇用問題に決定!... 会社経営を行っていれば、常に様々なリスクと向かうあう必要があります。 そんな中、東京海上日動リスク...
情報セキュリティの基準作りがリスク回避につながる... 企業経営においてリスクは常に背中合わせです。 中でも、情報漏洩などの問題は多く企業で起きています。...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る