新たな金融規制法「改正保険業法とは」

金融機関や保険代理店に求められる新たな対応

平成26年5月23日に保険業法等の一部が改正される法律が成立し、5月29日からは規模が大きい特定保険募集人へ新しい対応が求められることとなりました。改正保険業法の施行により、保険会社や金融機関を含む保険代理店は法律の内容がどう変わるかを把握する必要があります。

改正保険業法とは

複雑化する保険商品、そして多様化する販売形態、乗合代理店の出現などが影響し、保険会社の経営環境は大きく変化しました。そのような経営環境に対応するために、保険募集の規制について再構築することを目的として新たに改正された金融規制法が改正保険業法です。

新たに加わった内容

改正保険業法では募集関連行為という概念の導入により、保険募集の定義が明確化されるようになります。他にも顧客ニーズの確認や把握のために、意向把握義務や情報提供義務を導入し、募集を行う段階ごとにきめ細やかな対応が行うための基本的ルールが設けられます。その他、緩和されたり特例が導入されるといった、厳しくなるばかりではないという特徴もあります。そして改正保険業法とは別に、金融庁が銀行に対して保険商品販売の手数料を開示する請求が実施されていました。

なぜ銀行窓販へ保険商品の手数料開示を請求?

金融庁は銀行窓口で販売されている保険商品についての手数料開示について見送られることになりました。それまでは銀行が手数料を高く受け取ることができる保険商品を勧める可能性があるため、透明化という意味で開示を求めていました。

開示の対象となったのは、銀行窓口で売れ筋となっている変額年金、外貨建て保険などです。為替相場や運用結果で受け取り額に影響を与えるという部分が投資商品の側面をうかがわせますが、投資信託の手数料は開示されているのに対して、銀行が受け取っている手数料については保険契約者が支払う保険料に含まれるため開示されていません。

中には10%という高い手数料の商品もあることから、銀行が手数料目当てで顧客ニーズに合っていない商品を勧める可能性は否定できないと問題視されていました。金融庁はこの問題を解決するため銀行に対して手数料の開示を請求しましたが、銀行のみに開示請求が偏るのは不公平だという猛反発を受け軌道修正を行うしかない状況になりました。

マイナス金利が与えた影響の大きさ

銀行は日銀のマイナス金利政策によって貸し出し利さらの縮小を受けており、この事態に対応するために金融商品も販売で手数料を稼ぐしかない状況でもあるでしょう。最終的な金融庁の開示見送りの判断の背景には、やはり今回の日銀が行ったマイナス金利の導入により銀行や生保の収益悪化懸念が強まっていることです。

顧客ニーズに合った金融商品を

さらに開示によって保険商品販売が減少すると追い打ちをかけることになることも予測されるからでしょう。ただし金融庁も開示については再度検討するという構えを見せており、手数料に左右されることのない顧客ニーズに合った金融商品を販売することが必要といえるでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業の社員は何故やめてしまう!... 中小企業の経営者が近年抱える悩みの中に、新しく社員を採用してもなかなか良い人材に巡り合えないというも...
事業承継/深刻な隠れ倒産とは?... 負債よりも資産のほうが上回っている状態で、経営していく余力はあるのに自ら会社を廃業や休業、閉鎖してし...
飲食・食品業:飲食店のリスク/なぜ経営を失敗させてしまうのか?... 飲食店経営者の中には、計画が軌道に乗らずに失敗してしまうケースも多くあります。失敗してしまう飲食店に...
自宅が倒産した会社の担保の場合は手放すしかない?... 企業の経営が数年赤字続きで資金繰りが困難となり、倒産が免れない状況になった場合に頭を悩ませるのは経営...
経営が危ない会社とは?倒産と売上は関係ある?... 倒産する原因として一般的には売上が上がらないからと考えるでしょう。しかし売上が上がっているから倒産の...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る