事故によるリスク/コンピューターウィルスの感染

会社のパソコンがウィルス感染による情報漏えいを起こしてしまったら、顧客や取引先に多大な迷惑をかけるだけでなく自社も損害賠償責任を負うことになり大きな損失を被ることになります。
そのためにもまずは正しい知識を持ち、起こりうるシチュエーションなどを想定した上で適切な行動を取ることが求められます。


ウィルス感染が起きる状況とは?
では実際にウィルス感染や情報漏えいはどのようなシチュエーションで起きるのか考えた場合、よくあるウィルス感染のケースとして次のようなことが挙げられます。
・USBメモリや外付けハードディスクなど外部メディアからの感染
・メールに添付されたファイルを開封することによる感染
・不正サイトや不正広告からの感染
・不正ファイルやアプリのダウンロード、インストールによる感染
もしもウィルス感染したらどうなる?
ウィルス感染した場合は、パソコンの処理速度が遅くなる、もしくはフリーズや強制終了、再起動が頻繁に起こることがあります。
さらにはブラウザを開けば勝手に広告やメッセージが表示される、保存していたファイルが消える、知らない間にメールが送信される、操作自体が不能になるなど、様々な事態を引き起こします。
これらは作業を行う人の業務に支障が出るだけでなく、会社全体のセキュリティに悪影響を及ぼすことになってしまうでしょう。
情報漏えいが起きる理由は?
そして情報漏えいを引き起こす可能性がある行為としては、個人のスマートフォンで社外秘情報が含まれるデータのダウンロードをすることや、個人のメールアドレスに会社の資料を送って自宅で作業をするといった行為などです。
他にも取引先とファイル共有に個人のオンラインストレージを使用する行為や、個人のノートパソコンを社内に持ち込んでネットワーク接続を行うといった行為など、多くの場合は個人所有のものを使用することにより情報漏えいに繋がるケースが多くなっています。
社外に情報を持ちだす際には管理簿などで確認していくなど、個人の私物を安易に社内で使わせないことも必要になるでしょう。特にスマートフォンは紛失や盗難の危険性が高いため、特に注意が必要だと言えます。
セキュリティについて正しい知識を
ウィルス感染や情報漏えいを防ぐために、まず一人一人がセキュリティに関して正しい知識を持つことが大切です。リスクを意識することが大切ですので、インターネットへのデータのアップロードなどは最新の注意を払う心構えも必要です。
そして個人のスマートフォンやノートパソコンなどを社内で使用する際には注意が必要ですし、社内の重要情報にアクセスする場合には情報が漏れるリスクについて理解しておくことが必要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

消費者団体訴訟制度の関係法令が企業法務に与える影響とは?... 消費者裁判手続特例法をご存知でしょうか? 経営者であれば、言葉くらいは知っておくべきことですが、関...
マイナス金利時代突入!今後の企業の資産運用方法は?... メガバンクの口座維持手数料導入は本当?噂? 日銀のマイナス金利政策への対応手段として、大企業な...
食品の製造販売業における食品加工作業のリスクアセスメント... 食品を製造するにあたって、食品加工作業は必要不可欠な作業です。職場における労働者の健康と安全を確保す...
あなたは廃業を決断するデッドラインを決めていますか?... 会社経営を行っていれば、常につきまとうのが廃業のリスクです。 特に現代は非常に変化が激しく、たった...
小規模経営者は何故廃業してしまうのか?... 毎年多くの小規模企業の経営者が引退していますが、小規模企業の場合には経営者が企業のものの場合が多く、...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る