リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(運送業)

運賃の価格競争などで激化する業種が運送業ですが、いくら価格を安くしてサービスの提供ができても、その分安全面に不安があれば荷主の不安をあおることになります。
そのため運送業が業務を行う上で関係するリスクと、それに対してどのように保険で備えて行けばよいかを確認しておきましょう。

7-28 14.投資 返金
庸車の保険内容の確認も必要
運送業では閑散期と繁忙期でかなり差があるため、一時的に他の運送業者のドライバーと車両を借りて増やすことを行いますがこれを庸車と言います。
庸車についても安全配慮が必要ですが、庸車の自動車保険は営業車なのに自家用車で契約されていないか、庸車が起こした荷物の破損や盗難などに対する保険金支払いは行き届いているかなどの確認が必要です。
運送関係の賠償責任保険について、さらに庸車側で加入している自動車保険、双方の保険証券などから補償内容をしっかりと確認しておくことが必要です。

・庸車のドライバーのケガへのリスク
また、ドライバーとの関係が業務委託という形で行っていれば社会保険に加入していないので傷病手当から補償されないケースがほとんどでしょう。福利厚生という形で、庸車のドライバーがケガをしてしまった場合の傷害保険についても検討しておくようにしましょう。
代引き支払いで生じるリスク
そして運送業を行う上でのリスクは、運搬する荷物、従業員のケガなど労災問題だけではありません。例えば運送物の中で代引き支払いを活用する場合、ドライバーが売上やつり銭を常に持ち歩くことになります。
仮にこのお金が盗難に遭ったとしたらどうでしょう?高額になればなるほど損失は大きくなるため、そのような事態に対する策も講じる必要がありますが、保険でカバーされることがありますので確認しましょう。
万一の備えに適した保険への加入を
荷物を安全に運ぶことが業務として最も重視するべきでしょうが、他にも様々なリスクが存在しています。
預かった荷物を安全に届けるために、従業員の安全にも十分配慮できていることなどが運送業者に求められます。
しかしリスクは常に取り巻く環境ですので、万一の備えとして適した保険に加入することも必要となるでしょう。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る