なぜ韓国は反日思想なのか?~歴史の根本を紐解く~

私たちにとって身近な国となっている韓国ですが、不穏な話題も多くありますよね。
どうしてここまで関係が悪いのだろうと、不思議に思う人もいるかもしれません。
距離が近い国同士だからこそ、様々な思惑が絡んでいることをご存知でしょうか?
今回は、韓国の歴史や日本との関わりについてお話ししたいと思います。

気になる繋がりは?~いつから日本と繋がりがあったのかを知ろう~

地理的には身近な国である韓国ですが、いつ頃から関係があったと考えられているのでしょうか?
実は、意外と昔から繋がりはあったのです。
ここでは簡単に触れますが、まだ韓国と言う国名になっていない、はるか昔から日本とは繋がりがありました。
距離的に近いこともあってか、様々な面で交流していたと言えますよね。

しかし、良いことばかりではありません。
意外にも現代だけでなく、昔から日本人に対してあまり良く思っておらず、攻撃的なことをしていたという事実があるのです。
例えば、朝鮮から侵略を行ったり、祝いの席のために来日した朝鮮通信使もあまり良い感情を持っていなかったりする場合が挙げられるでしょう。
そのため、密接な関わりを持ちながらも、一方、感情的な面では複雑に思っていたことが伺えますよね。

そして、大きなポイントとなるのは、1910年に起こった「韓国併合」という出来事になります。
この出来事は、みなさんも勉強した通り、日本が韓国を植民地にしたというもので、多くの問題の根源になっていると言えるでしょう。
支配している最中でも、反日運動が起こりましたので、この当時からそのような感情を持っていたと言えますよね。

反日感情を抱いているのは、単純に支配されていたからと言う理由だけではありません。
平時や戦争中の扱いや待遇に、不満を感じたり、時には残虐な行為をされたりということがありましたので、その思いは強くあると言っても過言ではありません。
その事実は、私たち日本人も知っているでしょう。

その結果、大きな話題としては、慰安婦の問題や靖国神社への参拝の問題等に対して、声を上げることが見られましたよね。
この話題は、多くの出来事に関連して叫ばれていますので、詳しい概要は分からなくても知っている人は多いでしょう。
さらに、例えば日本海の名称に対してや竹島の領土に対する問題等、近年起こった事実を列挙するとキリがありません。

もちろん、現代に至るまでに、日本は韓国に対して協力金や謝罪の姿勢は行ってはきました。
しかし、そのような事実があったとしても、謝罪等の要求は常に報道されることが多いですよね。
その背景には、単純な歴史の流れだけではない要素も関係していると言えるでしょう。

そもそも教育の根本にあるものの違いを知ろう

みなさんは、学校で歴史の勉強をしてきたと思いますが、どのような内容だったのか記憶にあるでしょうか?
例えば、印象に残った時代や、何となくこんな感じで授業をやっていたということでも構いません。
その中に共通しているのは、過去に起こった事実を学んでいるということになります。
確かに、新しい発見があった場合は内容が変わりますが、曲解した内容や自作の内容を記載しているわけではありませんよね。

しかし、韓国における歴史の教育観は、事実を客観的に伝えるという形ではないのです。
日本に対して、反日感情を持ってもらえることを主眼においた教育がされていると言っても良いでしょう。
しかし、反日感情を持ってもらうにしても、極端なストーリーでは誰もそのように思ってはくれませんよね。
そのため、都合のいい事実を上手く組み合わせたり、言い回しを変えてみたりして、子どもたちに伝わるようにしているのです。

よく紹介される事例としては、次のような内容が挙げられます。

・建国の違いから見てみよう~認識の違いはなぜ?~

ところで、みなさんは、韓国がいつ建国されたのかをご存知でしょうか?
インターネット等で調べてもらうと、私たちの情報では1948年8月15日になり、戦後に独立して建国したのだなと思いますよね。
歴史に詳しい人なら、尚更戦争終了後との関係で考えることができるでしょう。

しかし、韓国の教科書では、この年号や流れではないことを知っていますか?
そもそも国によって出来事の解釈は違えども、年号のずれがあるのかと疑問に思う人もいるかもしれません。
実は、韓国の憲法の中では、建国したのは1919年と記載されており、憲法の記述に沿って考えるとこの年になるのです。

なぜ、私たちの事実とずれが生じているのか、その理由は歴史の認識にあります。
一般的な国の場合、1つの国として認められるには、自国の国民だけでなく、国際社会から認められるということが条件になりますよね。
自己申告とは、違う意味を持ちます。
つまり、他の国からも国として認められなければ、国際社会において権利や発言が認められないでしょう。

しかし、韓国側の歴史では、自分たちの力で日本から独立したのだ、という見解のもとに歴史が紡がれています。
それを基に考えると、次のようなシナリオが出来上がるのです。
何も知らない状態では、本当のことのように思ってしまいますし、当然その矛先が向かうのも分かりますよね。
この見解を見た時に、みなさんはどのように感じるでしょうか?

例えば、苦しい状況を何とか乗り越えて、今の国の基礎を作ったのだ、という印象を持つかもしれませんよね。
それは、国の思う通りの動きになるでしょう。

このように、苦しい状況から救ってくれたというイメージがあると、誰もが納得して信じてしまうかもしれません。
このような内容が教科書にあるとなると、1つのイメージ形成の役割を果たしていることが分かるでしょう。

・現在の韓国を取り巻く国際環境とは?

教育内容に限らず、韓国にはまだ解決していない問題があります。
それは、朝鮮戦争です。
現在は休戦状態にありますが、北朝鮮との戦争はまだ終わっていないことを意味していますよね。
反日思想は、北朝鮮との戦争にも関わりがあるのです。

北朝鮮側の歴史では、建国者の歴史において、過去に日本軍と戦い勝利したということを掲げています。
この内容は、本当かどうかは定かではありません。
しかし、国で作った事実は、長らく多くの人に伝わってきて、それが本当のことだというように思われています。
国民にとっては、間違いだとは言い切れませんよね。
その一方で、韓国の歴史を改めて考えてみましょう。

韓国側の歴史でも、日本軍に勝利したことを掲げていますが、それは事実だと言えるでしょうか?
特に、この事実を根底にしている政権にとっては、嘘でしたということはあってはならないことですよね。
つまり、例え嘘であったとしても、事実であったかのようにしなければなりません。
それを維持するためには、本当であったことを常に語り続ける、ということが大切になるでしょう。

上記のような理由から、日本に対しての関係性を築いていっているのかもしれません。
現状を維持するためには、嘘であってもそれが事実だと言い続けるしかないのです。

一方で、韓国の中には、文化交流等から日本に対して、良い感情を持っている人も少なからずいます。
しかし、友好的な考えは、今までのイメージ形成にとっては邪魔なものにすぎません。
そのため、邪魔になり得る要素は、徹底的に排除してきましたし、それを国民は知っていますので、迂闊な発言はできなくなりますよね。

一連の対応の仕方からも、全力で思想統制に力を注いでいることが読み取れるでしょう。
友好的な発言は、どんなに地位の高い人であっても、迂闊に言えるような状況ではないのかもしれません。
単純に一国に向けられた思想ではなく、このような国の情勢が関係していたとなると、思想に関しては複雑な問題であることが分かるでしょう。

参考URL IRONNA
(https://ironna.jp/article/1395?p=2)

まとめ

韓国は長年の付き合いがある国ではありますが、すべて友好的だったとは言えない過去があります。
特に、政治の権力を維持するために、教育にまで思想統制が図られているのは、日本人にとっては信じられないかもしれません。
場所や話題を変えて、様々なところで対立する国ではありますが、このような背景をしっているとまた見方が変わるでしょう。
近年の国際社会の関係性を知る上では、重要なポイントになりますね。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経済リスク/市場ニーズの変化... 近年では市場変化のスピードが速く、その速さについていけずに苦戦する企業は多く存在しています。 性能...
リスクマネジメントで対象とするべき企業リスクの事例とは... 中小企業を経営していると様々なリスクを抱えることになります。 リスクマネジメントの上で対象になる企...
勤怠管理はなぜ必要なのか?... 会社は働く従業員に対して、労働状況に見合う対価を給与として支払う必要があります。そのためにはしっかり...
起業する際に必要になる「定款」とは?... 会社の規則を策定するものが定款 法人を設立する際に作成する「定款」は、会社の憲法のようなものです。...
消費増税に伴うリスクについて考える... 2019年10月からは、消費税が増税して10%になる予定です。 しかし、消費増税となると家計への負...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る