生命保険の基本形「ガン保険」について解説します

みなさんは、ガンの治療にはどのくらいの時間や費用がかかるのか、ご存知でしょうか?
ガンは他の病気とは違い、長い闘病を余儀なくされる人もいますよね。
また、治療中は病気に対する不安だけでなく、費用面での不安も出てきます。
ここでは、安心して治療を受けるためにも、ガン保険のことを知りましょう。

ガン保険とは?~なぜガンに限定されているのかを知ろう~

まずは、ガン保険がどのような特徴のある保険なのかを解説したいと思います。
ガン保険は、保険の名称通り、ガンに特化した保険になりますよね。
ガンの治療のためには、手術や入院だけではなく、投薬をしつつ、通院をするということが必要になるでしょう。
給付金は、これらの治療にかかった費用が対象となります。

ですが、私たちの周りでは、ガン以外にも重大な病気はたくさんありますよね。
なぜ、ガンに特化した保険があるのか、その理由は病気の特殊性にあります。

ガンは、体の決まった部分に現れるわけではありません。
様々な個所に現れますし、その進行具合は人によって違いますよね。
早期発見ができてまだ軽い状態の人もいれば、すでに進行が進んだ状態であるという人もいるでしょう。

そして、治療法は進行の程度や症状によって、その都度適切な方法を選んでいきます。
そのため、1つの決まった治療法があって、それを行えば問題なく治るとは言い切れません。
治療方法は、個人の状態によるところが大きいので、症状に応じた治療法に柔軟に対応できると安心できますよね。

ガン保険だからこそ、得られるメリットを確認しよう

ここで1つ気になるのは、ガンは一般的な医療保険でも対応できないのかということになります。
一般的な医療保険ならば、ガン以外の病気にも対応できますので、こちらの方が心強いかもしれないと思ってしまいますよね。
しかし、実際にガンになってしまった場合に、保障に差が出てきます。
保障内容のどのような部分に、差が出てきてしまうのでしょうか?

差が出るのは、「給付金」の項目です。
どちらの保険の場合でも、入院や治療をした際は給付金が支払われるでしょう。
しかし、給付金が支払われる条件や、対象となる項目の種類が全然違ってきます。

例えば、入院した際に支払われる給付金を見ると、医療保険の場合は入院の限度日数が設けられていることがありますよね。
そのため、限度日数に到達してしまうと、それ以上の費用負担は見込めないでしょう。
一方で、ガン保険の場合は、入院の限度日数はありません。
ですので、長期的な入院になってしまった場合でも、かかった日数分きちんと保障してくれるのです。

ガンの場合は、入院となると検査や治療を含めても、数日で終わるということはありませんよね。
症状が重い場合は、長期的な入院が必要となることも想像できるでしょう。
従って、限度日数がなく、無制限であることは大きな違いだと言えますよね。

また、給付金の種類もガンならでは事情から、充実しています。
例えば、医療保険で設定されている通院のための給付金は、基本的に入院を基準として考えられているのをご存知でしょうか?
そのため、入院前や退院した後の経過観察で通った部分しか対象になりませんので、意外と保障範囲は限定されていますよね。

一方、ガン保険の場合は、入院をしない治療の通院も想定しています。
ガンの治療は、通院で治療を行っている場合でも、毎回の治療費は高くなりやすいですよね。
給付金の対象には、治療のための通院も該当しますので、より治療費の負担を軽くすることができると言えるでしょう。

その他にも、ガン保険にはガン特有の治療法に対して、多様な給付金を用意していますので、金銭的なサポートがより多く受けられることがポイントになるでしょう。

まとめ

今回は、ガン保険をテーマに、特徴や医療保険との違いを解説しました。
ガンは、身近な病気ではありますが、その症状や発生場所、進行状態には個人差がありますので、柔軟な治療が求められます。
一般的な医療保険では、ガンへの治療をカバーできない場合もあり得ることが想定できます。
ガン治療に特化した保険だからこそ、より充実した治療サポートを期待できますので、加入すれば大きな安心感を得られるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業リスクを管理するためには過去事例の活用を... いざ自社の「危機管理」や「リスクマネジメント」を見直そうと思っても、何から手を付けていいかわからない...
製造業:製造業者の海外進出のリスクは?... 中小企業の製造業者が海外展開を始めるにあたり、乗り越えていくべき障壁について考えていかなくてはいけな...
会社役員にはリスクが多い!代表的な訴訟例... 会社は法人ですので、個人と異なり意思決定や行為を単独で行うわけではありません。 会社の業務執行は株...
介護の現場/経営者が介護職への理解がない... 介護現場で主役になるのは利用者、そして介護職員です。人と人との関係で構成されるため、良い介護を提供し...
粉飾決算を企業が行うリスクとは?... もしも中小企業が銀行から融資を受けるために財務状況を良く見せようと粉飾決算を行い、その事実が銀行に分...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る