生命保険の基本形「医療保険」について解説します

私たちは、日常生活の至る場面で、病気や怪我のリスクと隣り合わせの状況にあります。
そのような不安を解消するのは、よくCMで放送されている医療保険になりますよね。
多様な保険商品の中でも、医療保険は加入率がダントツであることを知っているでしょうか?
今回は、加入率の高い医療保険について解説しましょう。

大まかな医療保険の特徴を知っておこう

私たちが利用する医療保険は、入院や治療にかかった費用の負担を、軽くしてくれるためにあります。
なぜ、民間の医療保険が勧められることが多いのでしょうか?

これは、公的な保障の範囲では、費用の負担が大きくなってしまうような場合が想定されているからです。
例えば、使用する薬や治療方針によっては、自己負担額の割合が高くなることが考えられますよね。
これらの事情から、公的な保障だけでは、もしかすると満足できる治療が受けられないという人が出るかもしれません。

そのため、医療保険はかかる費用負担の面をカバーしつつも、本人が満足できる環境や治療法を選択するためには必要になります。
医療保険は、契約者自身がどのような病気のリスクに備えたいのかに対応しているため、商品のバリエーションは豊富にあるのです。
これは、数ある保険の中でも、自分で好きな内容を選びやすいのが大きな特徴になるでしょう。

その一方で、年齢が高くなると加入が難しくなったり、保険料が割高になってしまったりする特徴があります。
そのため、早い段階で加入を検討した方が、問題なく手続きができ、保険料の負担も小さくできると言っても良いでしょう。

また、加入の可否は、健康状態によって左右されます。
一旦解約して他の保険に乗り換えても、健康上の理由で加入できなかったというケースは少なくありません。
解約を検討する時は、このようなリスクを踏まえた上で手続きを進める必要があるでしょう。

医療保険を選ぶ時のポイントは?~給付金や多様なニーズへの対応~

医療保険に加入する大きなメリットは、治療を受けた際に受け取れる「給付金」にあるでしょう。
一般的に、医療保険では入院した時と手術した時に給付金が受け取れる仕組みになっていますよね。
ここで注意したいのは、入院や手術といっても、指定された条件が必ずあることです。

例えば、入院した場合は初日からなのか、数日たってから給付金の対象になるのかが商品ごとに違っています。
これは保障内容を比較して見ると、違いが見られる項目になるでしょう。
また、指定している手術の内容も、病気の項目が違っていることがありますよね。

給付金が得られるのは、高額な治療費がかかる時には確かに助かりますが、なぜ商品ごとに違いがあるのでしょうか?
実は、医療保険といっても、どのような病気を対象にしているのかによって、細かい基準はバラバラなのです。
そのため、自分にはどのような保障が必要なのかを、じっくりと吟味することが求められるでしょう。

決まった基準がない理由の1つには、加入者や加入検討中の人のニーズの多様化が関係していると言われています。
近年は、様々な病気への興味や関心が高まっていますよね。
例えば、女性特有の病気は、ここ最近保険だけではなく、検診を勧めることを含めて、注目を集めていると言えるでしょう。
さらに、生活保障も兼ね備えている商品への人気は、年々高くなっている傾向があるでしょう。

このように、医療保険に加入をしている人の加入目的は、幅広い健康や費用の保障だけではありません。
みなさん自身のライフプランや生活スタイルに応じて、好ましい内容を選択していると言えますよね。
毎月の保険料も、保険会社ごとに幅がありますので、毎月の出費と保障内容を見比べて検討した方が良いかもしれません。

まとめ

今回は、医療保険の基礎知識を解説しました。
元々は、公的な保険では対応できないことが想定される費用負担を、多少なりカバーするという目的の役割があります。
近年では、単純な費用負担の保障というよりも、生活保障等の内容にも注目して加入している人が増えています。
これからの保険選びでは、基本的な保障内容や保険料以外に、特約の内容も含めて検討してみると良いかもしれませんね。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る