ソーシャルメディアによる会社のリスクは?

CAT9V9A9181_TP_V4

インターネットやスマートフォンが普及した事により、日常生活にソーシャルメディアは浸透し続けています。
ソーシャルメディアとは誰でも参加できる情報発信ツールを指しますが、一般的な解釈としてはSNSやブログ、カスタマーレビューや電子掲示板など、個人が情報を発信してコミュニケーションや会話ができるツールだと言えるでしょう。
ソーシャルメディアを大きなビジネスチャンスを引き寄せる強力なツールとして使う事もできるでしょうが、その半面で大きなリスクも抱えている事を理解しておく必要があります。


ソーシャルメディアとは?
自分の趣味や私生活を公開して、ネットワークにより繋がりを持つソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)や、ブログ、動画共有サイトなど、ソーシャルメディアを利用する人は年々増加しています。
スマートフォンを使用する様になった事で、誰でも簡単に情報発信が可能となった事が普及の要因ですが、注意したいのは特定する人のみに送信したつもりが、転送やシェアという方法によりマスメディアにも匹敵する拡散力を持つということです。
絶大な発信力や拡散力が、個人や中小企業には武器とも、もろ刃の剣ともなるため、代表的な事故として「炎上」が挙げられます。

・炎上とはネット上のどの様な事故?
炎上とは発信された記事に対して反応した人たちが集中的にコメントを寄せることで、コメントがコメントを呼び起こします。発信者や発信内容に対する批判が集中して起きることがほとんどで、対象になった人や企業はネット上で社会的な制裁を受けてしまいます。

 
ソーシャルメディア利用のリスクを認識しておくことが必要
ソーシャルメディアを利用することで事故を恐れ、利用しなければ
をするかもしれません。また、企業が利用しなくても従業員が個人的に投稿した内容で個人情報や機密情報流出して問題になるケースもあります。
そのためソーシャルメディアを通じるリスクを理解しておく必要がありますが、挙げられるリスクとして、発信内容から企業の信用や評判が落ちるリスク、そして発信するつもりがなかった情報が発信されてしまうリスクがあります。
情報を発信する人は、企業、従業員、その他一般人など色々なケースが考えられるでしょう。

・不適切な発言による非難
企業の公式アカウントを通じたコメントが不適切な場合や、従業員個人のアカウントから発信された発言が不用意な場合、そして一般人が企業に対する不満を発信した事がきっかけで企業非難に繋がる場合など、色々なケースがあります。

 
ソーシャルメディアリスクへの対応策
ソーシャルメディアリスクは保険でリスク移転はできず、従業員個人に規制をかける事も困難です。そのためできるだけリスクを回避するために社内ルールを策定し、従業員に対する教育を強化する事が必要だと言えるでしょう。
教育段階でソーシャルメディアの特徴や機能についても十分理解させる事が必要です。仮に不適切な発言が合った場合、投稿を削除できたとしても既にコピーされていれば取り戻せません。
仮に従業員が匿名で投稿した内容だったとしても、その内容から推測される情報や手段で個人が特定できれば、投稿した人に対して損害賠償請求されるという可能性についても説明しておく必要があります。
また、従業員の不用意な発信を牽制するためにログ監視や内部監査なども場合によっては必要です。ただし従業員個人や第三者の投稿を補足する事はできませんし、Webモニタリングを行う際には従業員のプライバシーに配慮しながら行う必要もあるでしょう。

最新の記事

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

ピックアップ記事

  1. 0021
    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s
    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s
    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054
    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
  6. 021
    マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番…
  7. 21d1f074051f1ad6eeb2371794bf75c5_s
    企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破…
  8. 5c9bae65656a44f69631d657e4c1de79_s
    個人情報保護に関しての考え方や方針に関する宣言とも言えるものがプライバシーポリシーです。 個人情報…
  9. 15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s
    会社の組織や運営について根本規則を定めたものが定款ですが、定款の記載事項には1つでも記載がないと無効…
  10. 53b3a0ae8bbf4ffe6902ddb31a2d881f_s
    PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律で…

話題をチェック!

  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s

    2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

    2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s

    2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054

    2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る