介護の現場/セクハラ パワハラ 暴力が日常的

職場で上司が部下に指導や教育を行うことは大切なことですが、その範囲を大きく逸脱し、悪意の満ちた暴言や暴行、人格否定といったパワハラやセクハラなどは介護の現場でも行われています。


なぜ日常的にパラハラが行われる?
介護の仕事はきつい、汚い、低賃金という悪いイメージが先行していますが、実際に非常にストレスの溜まる仕事であることは事実です。そのため自分より弱い立場の人に意図的にきつい言い方をしてしまうといったこともあるようです。
また、社会経験が少ない人が多いのもパワハラなどが多い原因だと言われています。指導方法などがわからず、例えベテランでも言葉が命令口調になってしまったり、仕事が上手くできない人に対して軽率に扱ったりということも行われがちです。
わざとでなくても職場の雰囲気を悪化させる可能性はある
仮にわざとではなくても多忙なあまりに言い方や態度がきつくなることもあるかもしれません。しかしそれが結果として人間関係に溝を作り、職場の雰囲気も悪くしてしまいます。
指導的立場にある人が周囲に厳しい態度を取り続けることは、職場の雰囲気を居づらいものにしてしまう可能性があることを理解しておく必要があります。
女性の介護職員等に対するセクハラの相手は利用者
そして介護の現場では女性の介護職員などに対するセクハラも横行しています。しかもその相手は利用者で、介護を必要とすることから体が密着することも多いのでその延長で体に触れられることもあるようです。
また、下の世話の時に下半身をわざと見せたり触らせたりといったことも信じられないですが実際に起きています。
被害を訴えても相手にしてもらえない?
被害にあった介護職員がセクハラ被害を訴えても、相手が利用者なだけに相手にしてもらえないケースも少なくないようです。
しかし事業所としては勇気を振り絞って訴えた介護職員などの思いに応えるために、対処法を整備する必要があります。そのためにも介護する側が毅然とした態度で接することも必要です。
事業所が行うべきセクハラへの対応は?
特定の人が被害に遭うのならまずは拒否をし、それでも続くなら担当を変更する、もしくは複数の介護職員で対応することを行い、セクハラが想定される状況はなるべく作らないようにすることも必要です。
家族に報告をして協力を得て、再発するなら協議した上で契約解除といったことも必要になるでしょう。相手が利用者だとしても、状況によっては強い態度に出るべきです。
職員が安心して相談できる窓口が必要
パラハラやセクハラで悩む職員が相談できる、専門の窓口や担当者を設けることも対策の1つです。ただし相談した内容が直接パラハラを行った上司に漏れるのでは意味がありません。相談した内容が漏れない形で解決できる形を取っていくことが必要になるでしょう。
いずれにしても職場内で起きるハラスメント問題は、職場の雰囲気を悪くし、職員の働く意欲を低下させます。安心して働くことができる職場づくりのためにも、1つ1つに向き合いながら解決していくことが必要だと言えるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

社会問題になっている職場の「パワハラ」とは...   4人に1人がパラハラを経験 厚生労働省が行った調査では、過去3年間にパワーハラスメ...
M&A/企業成長戦略上必要か?... 現在、日本で中長期的に企業が成長することは困難な時代だとも言えます。しかし国内外で今後成長することが...
介護離職は40~50代に多い!今後避けるための知恵とは?... いつ何がきっかけで親や家族が要介護状態になるかは誰にもわかりません。 厚生労働省の調査では、介護で...
働き方革命!今取り組むべき労働生産性を高める取り組みとは?... 働き方革命という言葉は近年ビジネスにおいて頻繁に聞く言葉となりました。 実際、いくつかの企業で働き...
教育業界:「教育の情報化」に対する危機管理体制の構築... 教育計画全体の中に位置づけられる「教育の情報化」はまずビジョンの策定と広く浸透させるための推進が必要...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る