法改正による時間外労働の上限規制の導入とは?

時間外労働に上限規制ができることをご存知でしょうか?
働き方改革の一環で導入される「時間外労働の上限規制」では、これまで暗黙の了解となっていた特別条項付36協定締結の場合の残業時間数に制限を設けることになっておりますので、今回はその内容をご紹介させて頂きます。

36協定の現状ルールとは?

36協定とは、時間外・休日労働に関する協定届の事ですが、労働基準法第36条が根拠になっていることから、一般的に36協定と呼ばれています。
現状の36協定では、「時間外労働の上限は、原則月間45時間、年360時間」、「突発的かつ一時的な特別の事情が予想される場合に限り、一年で6ヶ月を超えない期間内で、前述の原則を超える時間外労働時間を設定することができる」と決められております。
もちろん、事業主は過労死が起きないように安全配慮義務が課されていますが、実際は法律での具体的な定めがないため、実際は上限なく残業時間を設定することができてしまいうことが問題で、ここ最近でも大手企業の過労死などが大きな事件になっていました。

36協定はどう変わる?

そういった状況を受けて、働き方改革ではこの36協定の扱いが見直されます。
労働基準法には次の内容が追記される予定です。
・時間外労働の上限は、原則「月間45時間、年360時間」
・突発的かつ一時的な特別の事情が予想される場合に限り、下記の要件を満たす場合、一年で6ヶ月を超えない期間内で、時間外労働時間数の特別な設定が可能
・年間の時間外労働は月平均60時間(年720時間)以内となること
・休日労働を含み、2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月間のいずれかの月平均時間外労働時間が「80時間」を超えないこと
・休日労働を含んで、単月は「100時間」未満となること

これらに違反した場合は罰則の対象となり、実効性が担保されることになります。そのため、経営者の方は今後「年720時間」「複数月80時間」「1ヶ月あたり100時間」のキーワードを意識する必要があります。
ちなみに、「80時間」「100時間」は過労死ラインといわれる健康障害リスクが高まる時間外労働時間数に由来しています。

このように時間外労働の上限規制は今後大きく変更されます。
大企業で2019年4月1日から、抽象企業で2020年4月1日より施行される予定ですから、経営者の方は今のうちから少しずつ準備を行い、いざ始まった際に慌てないようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

“アンコンシャス・バイアス”を取り払うことの重要性... 皆さんは「アンコンシャス・バイアス」という言葉を聞いた事がありますか? 日本語では無意識の偏見や思...
中小企業が継続して売上げアップを図るための売れる仕組みマーケティング... 会社経営を行う上で最も重要なことは利益を出すことです。 当然利益のない企業は倒産してしまいますから...
運送業:運送業で多い交通事故や積み降ろし積卸し作業中の労働災害... トラック運転手が行う仕事は、車を運転するというだけでなく荷物の積み降ろす作業もあります。 いずれに...
万が一に備えて知って起きたい会社清算にかかるコストとは?... 会社は設立した時だけでなく、消滅させる時にも手続きが必要です。 後継者の不在などから実際に会社の消...
未払い残業/「うちは大丈夫」... ある日突然、以前勤めていた社員から、働いていた時の残業代の支払いを求める内容証明が会社に届いたらどう...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る