海外展開!意外と知られていない撤退コストを考えよう

海外展開をしていてもうまくいかないケースがもちろんあります。
特にこれまで日本企業が強いとされていた家電や製造業の領域でも他国が力をつけ激しい競争が生まれています。
もしもそのような競争に負けてしまった場合は、その国から撤退することを考えなければなりません。
そこで今回は海外展開時に意外と知られていない撤退コストについて紹介させて頂きます。

進出よりも撤退コストが高くかかるケースもある

近年海外企業との競争に敗れる日本企業が目立っています。
国内でも日本を代表する大企業が買収されるなど、大きく市場は変化しています。
これは海外に拠点を持つ日本企業にも同様のことが言えます。
そのような影響を受けて近年撤退を検討する日本企業が増加傾向にあります。
例えば、中国を例に挙げてみましょう。
中国にある工場を閉鎖する、または合弁契約を解消する場合、必ずと言っていいほど理由になるものが法務リスク、税務リスクです。
近年、中国では急激に労務コストが増加しており、経営環境も劇的に変化しており、日本企業にとってのメリットが出なくなってきているのです。
2009年にはパナソニックが中国の合弁会社と折半出資したブラウン管工場を束なすことを決めました。
しかし、これもスムーズにはいかず、退職金に相当する経済補償金をいくら支払うかについて労使紛争が激化しました。
結果的にパナソニックは出資分を100ドルで合弁相手に売却して撤退するということになりました。
この撤退方法を持分譲渡といい、このような撤退のやり方が最も多いのです。
この方法は相手との交渉は必要ですが、労働者への補償は必要ないことが特徴です。

中小企業にも同様のリスクがある

さて、これまで挙げた例がパナソニックであったことから、大企業に限った話にみえるかもしれませんが、これは中小企業にももちろん当てはまる話です。
むしろ、パナソニックという大企業であっても最終的に100ドルで事業売却という厳しすぎる条件での撤退です。
交渉が不慣れな中小企業の場合だと、結果的にすべての資産を無償譲渡して撤退するなんてことも実際に発生しています。
また、今回は中国を例にあげましたが、タイ・ベトナム・インドネシアなど多くの日本企業が進出している国では同様の問題が今後起きてくる可能性が非常に高いのです。

このように撤退コストはある意味で非常に高くつく可能性が高いですから、
予め進出時に契約する上で撤退条件を明らかにしておくことが非常に重要になるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

サ高住(サービス付き高齢者住宅)のリスクを考える!... 高齢者が増えているからと、ただ単に高齢者向けの施設や住宅に投資をしてしまうという安易な考え方は失敗を...
セクハラに対する企業が行うべき未然防止策とは... セクハラとは? セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)は、男女雇用機会均等法で、「職場において行わ...
リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?... 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が...
教育業界:学校教育と著作権問題!児童や生徒の作品にも著作権はある?... 「著作権」というと、音楽や書籍、絵画、写真、映画、コンピュータプログラムなどの著作物を創作した者に対...
経営に関するリスク/納入業者の倒産... 突然納入業者などの得意先が倒産してしまった場合、その企業に対する売掛金や受取手形は回収できなくなって...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る