破産

経営戦略リスク

中小企業が設立から10年で倒産する確率は9割以上?

大企業が倒産することは滅多にありませんが、そうなった時の影響は計り知れず、大きなニュースとなります。 しかし、中小企業の場合は影響も小さいためあまりニュースにはならないのですが、中小企業はどのくらいの割合で生き残るのでしょうか? また、...
社内的リスク

倒産と破産の違いとは?それぞれの意味について

不景気に長い間悩まされていた日本ですが、最近では景気が上向きとなってきたこともあって、以前よりも倒産や破産といったニュースを耳にする機会は減ってきたように思えます。 ところで、倒産と破産の意味がそれぞれ異なるという事を、意識した事はあるで...
社内的リスク

零細企業は採用強化しなければ廃業・倒産に追い詰められる?

日本は空前の人材難です。 大小関係なくほぼ全ての会社が採用に頭を抱えています。 その影響は会社の規模が小さければ小さいほど早く広がっており、現在零細企業は非常に厳しい状況に追い込まれています。 そこで、今回は零細企業にとっていかに採用...
経営戦略リスク

事業承継/深刻な隠れ倒産とは?

負債よりも資産のほうが上回っている状態で、経営していく余力はあるのに自ら会社を廃業や休業、閉鎖してしまうことを「隠れ倒産」といいます。 この隠れ倒産に至る背景として、近年では経営者の高齢化、後継者難、人材不足などが多く見られます。
事故・災害リスク

会社破産における代表者・取締役の法的責任とは?

もしも経営している会社が破産してしまった場合、代表者や取締役はどのような法的責任を負うことになるのでしょう。 会社が破産してしまえば代表者や取締役も責任追求されてしまうのかが心配になるところかもしれませんが、法人と個人は別人格であると認識...
経営戦略リスク

教育業界:学校法人が経営破綻に陥る原因とは?

学校法人は近年の少子化が影響し、学生を募集することは最重要課題となっている状況です。 学校法人の経営状況を決算書ベースで確認する場合、教育研究活動によるキャッシュフロー、 借入金、現金及び現金同等物(有価証券など)、帰属収支差額比率、積立...
賠償責任リスク

地震で経営破綻?もしも大地震が発生したら?

近年地震が頻発しており、2016年10月には鳥取で大地震が発生し、11月22日には福島県沖が震源の地震が発生。いまだ余震も続いていることから、企業はさらに地震に対する備えも必要となっています。
事業運営リスク

会社が倒産した時の代表者や取締役の法的責任は?

一般的に倒産と呼ばれるものの手続きには様々な方法がありますが、その中で破産という手続きを会社が行った場合、代表者や取締役は会社の負債について法的責任を負うことはありません。 ただし会社の債務について連帯保証をしている場合は別です。この...
社内的リスク

経営者の放漫経営で倒産した場合に社員は訴えることが可能?

例えば経営が面倒になってしまった会社の経営者が、このまま会社を続けても仕方がないのでいっそ潰してしまおうと、会社の資金の大半を私的流用して破産したとします。 もしもこの時雇用している従業員がいた場合には、当然その従業員は職を失うことになる...
社内的リスク

会社が倒産した場合、従業員の未払い給料はどうなる?

会社が倒産すると従業員は解雇されることになるでしょう。 突然会社の倒産と解雇を告げられてしまうと、従業員にとってはかなりのショックを受けることになってしまいます。 この時の従業員の反応はそれまでの経営者の姿勢が如実に反映されることになり...
タイトルとURLをコピーしました