時間外労働

人的損失リスク

経営に関するリスク/従業員の自殺

従業員がうつ病を発症して、仮に自殺してしまったとしても労働者の故意とされることで労災認定されないことが通常です。 ただし勤労状態が悪いことなどで、過労が原因でうつ病を発症し、自殺に至ったという因果関係が認められた場合には労災認定され、遺族...
人的損失リスク

介護離職問題を解消するための法改正の内容とは?

親と離れて生活していたけれど、介護が必要となったことで離職する必要ができるなど、これまで培った経験やキャリアを手放す事はかなりの覚悟を要します。 離職すれば生活収入源もなくなるため、再就職する必要も出てきますがそう簡単に次の就職先が見つか...
法務リスク

長時間労働と労災認定との関係

長時間労働などで労働者への負荷が慢性的になると、強いストレスで精神的疲労を抱え、うつ病など精神疾患を発症させてしまう要因になります。 うつ病等の精神疾患が労災認定されるまで、以前は約8.6か月間必要でした。しかしこの認定期間の短縮のために...
法務リスク

時間外労働時間の上限規制

日本労働組合総連合会と日本経済団体連合会は、長時間労働に依存した企業や職場の風土や文化を根本的に見直すことを図り、過労死や過労自殺を防ぐため、そして若年者や女性、高齢者などの人材も活躍できるために働き方改革を強力に推し進めています。 そこ...
法務リスク

企業経営に大きな影響を及ぼす未払い残業代

近年、企業の残業代が支払われていないことに対して、従業員や退職した人が企業に請求するといった動きが見られます。 労働基準監督署に対する申告件数、是正勧告件数、訴訟などの請求件数も急増している状況ですので、未払い残業代の問題は企業経営に影響...
法務リスク

違法な長時間労働における企業名公表リスク

日本の労働行政は、長時間労働が違法な状況で実施されることにより、労働者の健康被害などが多発している事態を重く見ています。そのためブラック企業に対して「企業名公表」を行う構えであることを十分に理解しておきましょう。
法務リスク

時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)とは?

労働基準法での法定労働時間は、1日8時間以内、1週間40時間以内、さらには週1日以上休日を設けることが必要だと定められています。使用者は労働者をこの法定労働時間を超えて働かせてはいけないことになっています。 ただし職種によってはこの規制内...
社内的リスク

運送業:運送業で多い交通事故や積み降ろし積卸し作業中の労働災害

トラック運転手が行う仕事は、車を運転するというだけでなく荷物の積み降ろす作業もあります。 いずれにしても肉体労働であり、危険を伴うことから運送業者はドライバーの安全のために、事故防止策やリスクマネジメントを講じる必要があります。
事故・災害リスク

運送業:残業代における労務トラブルを解決するには?

運送業者にとってトラックドライバーから未払い残業代を請求されることは、経営において最大のリスクの1つと考えられています。 労働時間が長時間になりやすいトラック運送業や物流業での残業代は、賃金請求権の時効2年間分でも百万円を超えてしまうこと...
法務リスク

労働基準法に定められた割増賃金とは?みなし残業の場合は?

時間外労働に対する賃金の規定はご存知ですか? 労働基準法では時間外労働や休日、深夜の労働に対して割増率で計算した賃金を加算して従業員に支払うように定めています。もしもみなし残業などを取り入れている企業で、従業員が設定した残業時間より多く残...
タイトルとURLをコピーしました