安全配慮義務

事故・災害リスク

経営に関するリスク/従業員からの賠償請求

職場において上司が自分の職務上の地位や権限などを利用し、部下の人格を損ねる人格権侵害の1つであるパワーハラスメントなどが問題視されています。 上司から部下に対する叱責や注意は内容によって必要なことですが、あくまでも会社という集団で仕事をし...
事故・災害リスク

経営に関するリスク/ハラスメント

企業の人事労務に関するリスクをもたらす「ハラスメント」という問題があります。 例えばハラスメントにより及ぼすリスクとしてコンプライアンスリスクの問題がありますが、これは男女雇用機会均等法などの法令違反に問われる可能性もあるため、セクハラに...
事業運営リスク

リスクと保険/労災での賠償請求の対策

運送や物流を業として営む上で、様々なリスクが発生します。その中でも経営者や従業員がケガを負うことや死亡することで、企業が損害を受ける人的リスクにも注意しなくてはなりません。 2008年に労働契約法に安全配慮義務が明文化され、企業や事業主は...
事業運営リスク

使用者賠償責任に対応した保険活用

例えば工事現場などで労災事故が発生した時、安全配慮義務を怠ったことが原因であれば作業員に対して雇用主である事業者が損害賠償責任を負うことがあり、その金額は膨大なものになるケースもあります。 労災事故によるケガや病気から作業員が回復できるま...
法務リスク

労災 安全配慮義務違反と損害賠償請求

長時間労働やストレスなどが原因で、心身ともに健康だった労働者が不調を訴えた場合には、その原因を取り除き健康が回復するように支援することはもちろん、そうならないように予防するための策を講じる必要があります。
法務リスク

違法な長時間労働における企業名公表リスク

日本の労働行政は、長時間労働が違法な状況で実施されることにより、労働者の健康被害などが多発している事態を重く見ています。そのためブラック企業に対して「企業名公表」を行う構えであることを十分に理解しておきましょう。
法務リスク

労務リスクを考える

企業が抱えるリスクの約8割は人に関わるものです。規模に関係なく、1人でも雇用してれば労務問題を抱えることになるでしょう。 労務リスクが顕在化すると経営に与える影響は甚大なものになりますので、労務リスクを可能な限り軽減していくことが必要です...
法務リスク

企業は安全配慮義務を怠ってしまうと?

会社は従業員が働く際に、安全に、そして健康を維持できるように配慮する義務があります。この義務を安全配慮義務といいますが、もしも会社がその義務を怠った場合には安全配慮義務違反に課せられます。 仕事で使う器具や設備の準備や従業員の働く場所を指...
人的損失リスク

社員の長時間労働が企業に大ダメージを

最近では社員の過労死や過労自殺が社会問題になりつつあり、企業の労働時間についての管理などへの責任が問われている状況です。 労働時間が長いことによって社員に対する身体や精神的負担が大きくなることはもちろんですが、それ以外にも様々な問題が生じ...
社内的リスク

運送業:運送業で多い交通事故や積み降ろし積卸し作業中の労働災害

トラック運転手が行う仕事は、車を運転するというだけでなく荷物の積み降ろす作業もあります。 いずれにしても肉体労働であり、危険を伴うことから運送業者はドライバーの安全のために、事故防止策やリスクマネジメントを講じる必要があります。
タイトルとURLをコピーしました