善管注意義務

事業運営リスク

会社役員個人に対して訴訟になるケースは3つのパターン

役員が果たすべき義務に違反して会社に損害を生じさせた場合、その損害を賠償する責任を負うことになります。 役員が果たすべき義務には、善管注意義務、忠実義務、監視・監督義務などがありますが、これらの義務違反で生じた損害については、それぞれ直接...
事業運営リスク

株主代表訴訟の7割は未上場の企業が占めている

株主代表訴訟は、株主が会社に代わって取締役など役員の責任を追及するための訴訟です。同族間で株を持ち合う同族企業などで良くみられる訴訟ですので、上場企業だけの問題と思ってはいけません。 株主代表訴訟の約7割は未上場の企業が占めていると言われ...
事業運営リスク

役員個人に賠償請求!個人資産が標的に。

自社や第三者に損害が生じた場合、会社役員個人が株主等から損害賠償請求を受けるケースもあります。 そのため役員は法令遵守だけでなく、善管注意義務、忠実義務、監視・監督義務などに違反しないことも大切です。
事業運営リスク

会社が倒産した時の代表者や取締役の法的責任は?

一般的に倒産と呼ばれるものの手続きには様々な方法がありますが、その中で破産という手続きを会社が行った場合、代表者や取締役は会社の負債について法的責任を負うことはありません。 ただし会社の債務について連帯保証をしている場合は別です。この...
人的損失リスク

取締役の善管注意義務とは?従業員とは違う重い責任について

日本の企業では従業員から取締役へと昇進する例が多く見られます。 従業員と取締役を兼務する使用人兼取締役なども多く存在するため、従業員の延長線として考えてしまうこともあるでしょう。 しかし実際は一従業員と取締役は責任の大きさが異な...
タイトルとURLをコピーしました