労災保険

法務リスク

長時間労働と労災認定との関係

長時間労働などで労働者への負荷が慢性的になると、強いストレスで精神的疲労を抱え、うつ病など精神疾患を発症させてしまう要因になります。 うつ病等の精神疾患が労災認定されるまで、以前は約8.6か月間必要でした。しかしこの認定期間の短縮のために...
事故・災害リスク

労災事故での休業補償は事業主も負担する必要がある?

労働者が労働災害で負傷した場合、休業補償給付など労災保険から給付を受けるには労働基準監督署長へ請求を行う必要があります。ただし休業4日未満の労働災害については、労災保険からではなく使用者が労働者に休業補償を行う必要があります。