タグ:働き方改革

  • 近未来の働き方は、副業ではなく複業が一般化する!

    厚生労働省から発表された「働き方の未来2035」によると、近未来での働き方は副業ではなく複業が一般的になると記されています。 副業であれば意味は分かりますが、複業とはどういう意味なのでしょうか? ここでは、近未来の働…
  • 近未来の働き方、車内が移動会議室となる未来とは?

    近未来では、移動手段に関する考え方も大きく変化し「車内が移動会議室となる」といわれています。 近未来では移動手段に対し、考え方がどう変化するのでしょうか? また、車内が移動会議室になるというのは具体的にどのような状態…
  • 中小企業の人材採用は経営にどう影響するのか?

    長時間働く事が評価に繋がった時代は終わりを迎え、政府も働き方改革を推進し労働環境が見直される事が求められています。 労働環境が悪ければ人は流出してしまいますが、今後中小企業の経営に大きく影響を及ぼすのは人材不足という問…
  • 介護離職問題/企業の取組みは事例

    現在問題になっている介護離職の問題。企業では従業員が仕事と介護を両立できるように取り組んでいく必要があります。 介護経験の有無を問わず誰しも仕事と介護が両立できるかは不安を感じるものですが、その理由として親の介護のため…
  • 時間外労働時間の上限規制

    日本労働組合総連合会と日本経済団体連合会は、長時間労働に依存した企業や職場の風土や文化を根本的に見直すことを図り、過労死や過労自殺を防ぐため、そして若年者や女性、高齢者などの人材も活躍できるために働き方改革を強力に推し進…
img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る