働き方改革

社内的リスク

近未来の働き方は、副業ではなく複業が一般化する!

厚生労働省から発表された「働き方の未来2035」によると、近未来での働き方は副業ではなく複業が一般的になると記されています。 副業であれば意味は分かりますが、複業とはどういう意味なのでしょうか? ここでは、近未来の働き方として一般的にな...
社内的リスク

近未来の働き方、車内が移動会議室となる未来とは?

近未来では、移動手段に関する考え方も大きく変化し「車内が移動会議室となる」といわれています。 近未来では移動手段に対し、考え方がどう変化するのでしょうか? また、車内が移動会議室になるというのは具体的にどのような状態なのでしょうか? ...
人的損失リスク

中小企業の人材採用は経営にどう影響するのか?

長時間働く事が評価に繋がった時代は終わりを迎え、政府も働き方改革を推進し労働環境が見直される事が求められています。 労働環境が悪ければ人は流出してしまいますが、今後中小企業の経営に大きく影響を及ぼすのは人材不足という問題で、既に様々な業種...
人的損失リスク

介護離職問題/企業の取組みは事例

現在問題になっている介護離職の問題。企業では従業員が仕事と介護を両立できるように取り組んでいく必要があります。 介護経験の有無を問わず誰しも仕事と介護が両立できるかは不安を感じるものですが、その理由として親の介護のためには仕事どころではな...
法務リスク

時間外労働時間の上限規制

日本労働組合総連合会と日本経済団体連合会は、長時間労働に依存した企業や職場の風土や文化を根本的に見直すことを図り、過労死や過労自殺を防ぐため、そして若年者や女性、高齢者などの人材も活躍できるために働き方改革を強力に推し進めています。 そこ...
タイトルとURLをコピーしました