介護離職

人的損失リスク

介護離職問題を解消するための法改正の内容とは?

親と離れて生活していたけれど、介護が必要となったことで離職する必要ができるなど、これまで培った経験やキャリアを手放す事はかなりの覚悟を要します。 離職すれば生活収入源もなくなるため、再就職する必要も出てきますがそう簡単に次の就職先が見つか...
法務リスク

介護離職を防ぐ先進的な取り組みを行う企業とは?

介護離職が問題視される中でも、企業の取り組みや対策は十分とは言えない状況です。しかし大企業を中心として、既に先進的な取り組みを実施している企業もあります。 どのような取り組みが行われているかを確認し、今後中小企業でも取り組みを行う際の参考...
人的損失リスク

大企業だけでない!中小も介護離職を防ぐ対策が必要な理由

これから先、10年経てば日本の65歳以上の高齢者の数は数百万人一気に増えます。団塊世代は75歳以上の後期高齢者を迎え、日本の労働者は一気に介護離職を迫られる事態に追い込まれる可能性も危惧されていると言えるでしょう。 このような状況を回避す...
人的損失リスク

介護離職は40~50代に多い!今後避けるための知恵とは?

いつ何がきっかけで親や家族が要介護状態になるかは誰にもわかりません。 厚生労働省の調査では、介護で離職や転職をした雇用者数は増加傾向にあり、その半分以上が管理職やリーダーとして活躍する世代である40~59歳であることがわかっています。 ...
人的損失リスク

介護離職問題従業員の介護支援制度利用実態

少子高齢化が進むことでこの先人口は減少していくことが予想され、働き手となる人材も同時に不足することになります。 そして企業は人材を確保することだけでなく、働き盛り世代が増える高齢者の介護を行うことで介護離職を防ぐことも必要になるでしょう。...
事故・災害リスク

介護離職問題/待ったなしの経営課題

少子高齢化が進み介護人口は今後ますます増えていくことが予想されます。もし自分が家族の介護が必要な立場となったら、今の仕事を続けることができるのかという問題で悩んでいる人もいるようです。 介護と仕事を両立して続けることを断念し、退職という決...
人的損失リスク

介護離職問題/企業の取組みは事例

現在問題になっている介護離職の問題。企業では従業員が仕事と介護を両立できるように取り組んでいく必要があります。 介護経験の有無を問わず誰しも仕事と介護が両立できるかは不安を感じるものですが、その理由として親の介護のためには仕事どころではな...
人的損失リスク

介護離職問題/企業の介護支援の現状は?

2025年には団塊の世代が75歳を迎え、高齢者人口が一気に増えることが予想されます。団塊の世代は第一次ベビーブームの世代で、その子世代にあたる第二次ベビーブーム世代である現在40代の従業員が介護離職者となる可能性が危惧されています。 その...
人的損失リスク

介護離職問題企業が受けるダメージは?

社員の年齢層を見た場合に40~50代が多い企業では、介護離職を検討している社員に頭を悩ませているケースもあるようです。 この介護離職は社会的な問題となりつつありますので、企業では社員が最適な決断をすることができるような支援をしていくことが...
人的損失リスク

介護離職問題/なぜ起きるのか?

年齢を重ねるごとに介護が必要になっていく状態に近くなります。介護が必要になる年齢は人それぞれですが、75歳を超えると要介護認定を受けている人の割合は増えていきます。
タイトルとURLをコピーしました