メンタルヘルス

人的損失リスク

社内のコミュニケーション不足は企業にとってデメリットしかない

突然ですが、あなたの企業ではコミュニケーションが活発に行われているでしょうか?もし、この答えがノーの場合は非常にもったいない状況だと言えます。 そこで今回は社内コミュニケーションの重要性について解説させて頂きます。 部署間コミュニケーシ...
人的損失リスク

就業規則に潜むリスクとは?

現在労務トラブルが激増していますが、解決するための根拠となるのは就業規則です。しかし就業規則は作成していれば安心できるものではなく、法改正などがたびたびあるため定期的に見直ししなければ後でトラブルになる可能性があります。 トラブルにならな...
事故・災害リスク

健康経営/労働環境リスクからの脱却

近年、従業員が心身の健康を継続できる環境で働くことができる状況を築くことが新たな経営課題として注目されています。 健康維持を従業員個人に任せるのではなく、経営者側で積極的に従業員の健康について戦略することを「健康経営」と言います。 従業...
法務リスク

時間外労働時間の上限規制

日本労働組合総連合会と日本経済団体連合会は、長時間労働に依存した企業や職場の風土や文化を根本的に見直すことを図り、過労死や過労自殺を防ぐため、そして若年者や女性、高齢者などの人材も活躍できるために働き方改革を強力に推し進めています。 そこ...
法務リスク

企業は安全配慮義務を怠ってしまうと?

会社は従業員が働く際に、安全に、そして健康を維持できるように配慮する義務があります。この義務を安全配慮義務といいますが、もしも会社がその義務を怠った場合には安全配慮義務違反に課せられます。 仕事で使う器具や設備の準備や従業員の働く場所を指...
事故・災害リスク

誘拐や脅迫など、海外進出する企業が感じる政情不安のリスク

日本の企業は海外進出が進んでいるため、海外事業での安全管理が注目されます。 海外の駐在員や出張者に対する安全性の確保は、企業の安全配慮義務からも経営者の責務と言えるでしょう。 もう一度日本との違いを再認識することが必要 何十年も前から...
法務リスク

労働安全衛生法の改正でよりよい職場づくりは可能となるのか?

労働安全衛生法の目的は、労働者が安全にそして健康を継続して働くことができることです。 それは労働災害が起こらない環境をつくるということで、労働者をケガや病気をしないように国を挙げて守っていこうという法律です。 労働者への事故対応教育を義...
人的損失リスク

メンタルヘルス対策とは?働きやすい職場づくりを目指すために

厚生労働省は、国、事業者、労働者などが一体となり安全と健康を守りながら労働ができるように、労働安全衛生法の規定に基づいて「労働災害防止計画」を策定しています。 施策ごとに目標を設定して取り組みを行うことを勧めていますが、その中にメンタルヘ...
人的損失リスク

労働者を襲うメンタルヘルス疾患とは?

職場の上司・同僚との人間関係、過重労働、過大ノルマ、配置異動、職場不適応など、仕事を行う上で起こる様々な出来事がストレスとなって労働者を襲うことがあります。 労働者本人はそれほどストレスを感じているつもりがなくても、実際にはかなり負担...
人的損失リスク

20代~40代の死因トップは「自殺」!企業のできること

厚生労働省が企業に「ストレスチェック」を義務付け 20~40代の死亡原因のうちもっとも高い原因が自殺で、10人に1人が自殺で亡くなっています。このことから厚生労働省は2015年12月から従業員50人以上の事業所に対して、57個の質問事項に...
タイトルとURLをコピーしました