海外展開する際知っておきたい知的財産侵害のリスクとは?

ビジネスにおいて海外展開を検討する際には、国内では問題にならなかったような事が起きるリスクが非常に多くなります。
例えば、特許や意匠・商標のような産業財産権と呼ばれる知的財産権は海外展開時に注意が必要です。
そこで今回は海外展開を検討する際に知って起きたい知的財産侵害のリスクについて解説させていただきます。

知的財産権は国ごとに取得が必要

海外展開を検討している方でも、その多くが今と同じ会社名や商品名、サービス名で進出を考えているのではないでしょうか?
実際世界で活躍する日系企業も特に海外展開する際に名前を変更したりする事はそれほど多くありません。
しかし、企業名や商品名は一歩日本から出れば、再度知的財産として登録する必要があります。
つまり、知的財産権は国ごとに異なるという事です。
日本で申請していたとしても、海外でビジネスする際に申請をしていなければ、他者が知的財産権を取得してしまえば使えなくなってしまいます。
もしも、このような状況になってはあなたの企業にとっては大打撃でしょう。
そうならないためには、進出を検討する国の法律を調べ、あらかじめどのように進出を行うかを計画的に練る必要があるのです。

知的財産侵害で7億円の被害例も

知的財産侵害といえば、模造品やコピー商品がすぐに思いつくのではないでしょうか。そういったものは中国が多いイメージですが、その通りでアジアに進出を検討する際はより注意が必要だと言えるでしょう。
過去には、中国で大江戸温泉とは全く関係のない施設であるにも関わらず、同じ名前で営業しているということがありました。
現状大江戸温泉が中国進出を行なっていないため実害はないといえますが、もし今後中国進出を行う際には大きな障害になり得るでしょう。
他にも、中国進出を検討していた日系企業が、進出コンサルを依頼していた中国のコンサルティング会社に技術やノウハウを全て話した結果、無断で特許申請を行われてしまい、この中国特許権を侵害したとして、7億円の賠償金の支払い判決が確定してしまったという例もあります。

海外展開は会社をさらに拡大するチャンスである一方で、それにより国内事業すらも危うくなるケースもあるのです。
よく海外でビジネスは行ってみないとわからない事があるため実行力が重要と言われますが、それと同時に抑えておくべきポイントは予め入念な調査をしておく事も必要です。
大胆な決断を行うためにも事前準備はしっかり行うようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

情報処理サービス業のリスクとリスクへの備えは?... 情報通信業界において、価格競争は激化している上に技術は向上する一方で、IT社会、そしてネットワーク社...
零細企業は採用強化しなければ廃業・倒産に追い詰められる?... 日本は空前の人材難です。 大小関係なくほぼ全ての会社が採用に頭を抱えています。 その影響は会社の...
福祉・医療事業:施設内で利用者がケガを負った場合の賠償問題について... 日本は少子高齢化によって福祉環境が大きく変化しています。そのため施設が担う役割も大きくなっている状況...
中小企業における失敗しない後継者の育て方とは?... 中小企業の多くは経営者の高齢による世代交代の時期を迎えており、まさに今後継者育成を行なっているという...
役員個人に賠償請求!個人資産が標的に。... 自社や第三者に損害が生じた場合、会社役員個人が株主等から損害賠償請求を受けるケースもあります。 そ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る