株主代表訴訟はどのくらい費用が必要?過去に起きた事例は?

取締役が違法行為を行ったことによって会社が損害を受けた場合、会社はその取締役に損害賠償を請求することを検討するでしょう。

しかし会社は取締役などによって運営されているという部分もあり、身内意識から取締役の責任を追及しないというケースもあります。

その際に利用される制度が「株主代表訴訟」で、株主が会社に代わって取締役の法的責任を追及することができます。

株主代表訴訟で取締役に要求できること

会社に損害を与えた取締役に対して、株主代表訴訟で解任や辞任を迫ることはできません。

株主代表訴訟で請求可能となるのは会社に与えた損害賠償のみです。

取締役解任のためには原則株主総会で解任決議が可決されることが条件になります。

株主代表訴訟を起こすことができる株主とは?

訴えを提起できる株主は、公開会社(株式の全部に譲渡制限がついていない会社)の場合には6か月前から引き続き株式を所有している株主です。(定款にて期間短縮も可能)

非公開会社の株主には6か月前から株式を所有しているという条件はありません。

訴訟にかかる費用や弁護士費用は?

株主代表訴訟を提起する際には、裁判所に一律1万3千円の収入印紙を納める必要があります。

通常の損害賠償請求の場合には請求する額によって収入印紙の額が異なります。

請求額100万円であれば1万円ですが、請求額1千万円になると5万円、1億円になると32万円の印紙代がかかります。

株主代表訴訟で取り上げられる会社の損害額は、大会社の場合には数十億から数百億円規模の場合もあることから考えると、株主代表訴訟の一律1万3千円という印紙代はかなり抑えられた金額だということがわかります。

過去の株主代表訴訟

過去に起きた株主代表訴訟の事例として有名なのは、東電の株主代表訴訟です。

原発事故の責任追及として5兆5,045億円の損害賠償請求が行われ、国内の訴訟では過去最高の請求額になりました。

株主代表訴訟で大きな損害賠償請求額が発生することも

社内で損害賠償事件が起こらないためにも、普段からコンプライアンスを徹底して経営判断の適正さを維持するなどが必要です。

しかしどんなに気をつけていたとしても、取締役が会社に損害を与えることを完全に防ぐことは困難と言えます。

そのため損害が実際に発生してしまった場合の備えとして「会社役員賠償責任保険」などを検討すると良いでしょう。

「会社役員賠償責任保険」とは?

会社役員賠償責任保険会社は、取締役を相手とする損害賠償請求訴訟への備え、そして取締役自身が賠償責任に対する備えとして自分で加入を検討する保険です。

補償範囲は特約の有無など契約内容によって異なりますし、違法行為による取締役の賠償責任は補償対象外になることが多いため内容を良く確認の上で検討してみると良いでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

介護の現場/セクハラ パワハラ 暴力が日常的... 職場で上司が部下に指導や教育を行うことは大切なことですが、その範囲を大きく逸脱し、悪意の満ちた暴言や...
徹底した顧客視点がこれからの企業戦略に必要になる... 2020年東京オリンピックが決まったことで、日本経済は勢いづきました。 では、2020年以降はどう...
企業にはびこる名ばかり産業医とは?... 労働安全衛生法では、50人以上の従業員が働く事業場の場合、産業医が必要と定められています。 さらに1...
情報セキュリティとは?企業の情報を守るために... パソコンやタブレットなどでインターネットに接続してサービスを利用することはとても便利なことです。 ...
介護離職問題/企業の取組みは事例... 現在問題になっている介護離職の問題。企業では従業員が仕事と介護を両立できるように取り組んでいく必要が...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る