職場環境とストレスの関係は、経営に大きく関係する?

仕事によるストレスを抱えている人の中には、職場環境が原因という人も少なくないでしょう。
実は、この職場環境とストレスの関係というのは、大きく経営にも関係してくるのです。
ここでは、職場環境とストレスが経営に対しどのように関係してくるのか、解説します。

職場環境とストレスの関係とは?

それではまず、職場環境とストレスの関係から考えてみましょう。
職場環境によってストレスを受けるという事は、その職場にストレスの原因となる何かが存在するという事です。
それは、どういった事なのでしょうか?

ストレスが生じやすい職場環境として、まずは人間関係に問題がある職場が考えられます。
例えば、上司がろくに指導もしないのに完璧な仕事を求められ、失敗すると叱られる、という環境では、どうしてもストレスが生じやすくなりますよね。
また、長時間労働が常態化しているような職場環境も、ストレスが生じやすいでしょう。

仕事量が少なすぎる環境も、達成感が得られずにストレスの原因となる事があります。
特に、仕事が少ないのに拘束時間だけ長いような仕事の場合は、無意味な事をしているように思えてしまいます。

職場の従業員同士のコミュニケーションが不足している場合もまた、それに当てはまります。
例えば、上司が部下に対して怒鳴るだけで会話をしないようなタイプであれば、その傾向は強くなるでしょう。
それから、いわゆる派閥のようなものがあって、いがみ合う状態の職場環境も、ストレスにつながりやすいといえます。

こうした職場環境の場合、ストレスがたまりやすいといわれますが、そういった問題と会社としての経営にはどのような関係があるのでしょうか?

会社の経営との関係は?

職場環境によってストレスが生じやすい場合、それが会社の経営とどのような関係があるのでしょうか?
後半は、その関係性について考えてみましょう。

まず、職場環境からストレスが生じる場合、それは一人の従業員にストレスが生じるのではなく、ほぼすべての従業員に程度の差はあってもストレスが生じる原因となります。
そのため、全従業員に悪影響を与えてしまうのです。

つまり、ストレスの影響で、誰か一人の仕事に対するモチベーションが下がる時には、影響を受けている従業員全員に影響出てしまうという事です。
となると、全体的な生産性も落ち込んでしまう事になってしまいます。

生産性が落ち込むのですから、当然、会社としての業績も落ち込む事になります。
これが一人の従業員だけであればその原因もわかりやすいのですが、職場全体で下がった場合は、従業員のせいと考えるよりも、景気の関係など広範囲に影響するような原因が疑われる事になるでしょう。

また、改善についても難しくなります。
職場環境によるストレスを改善するとなると、職場環境そのものの変化が必要となりますよね。
ですが、その原因となるもの、例えば仕事のやり方や、上司の態度などを変更するというのは簡単にはいかないからです。

となれば、長期的にストレスの影響で業績が落ち込む可能性も高いので、会社の経営としても厳しいものとなるでしょう。
特に従業員がストレスの影響で何人も休職するような事態になれば、その損失は計り知れません。

職場環境とストレスの関係は、会社の経営にもこのように関係してきます。
こういった悪影響が生じないようにする為に、職場環境を早いうちに見直して、ストレスの原因となるような点は改善していきましょう。

まとめ

職場環境がストレスの原因となる場合、その影響は一人の従業員だけではなく、従業員全体に及びます。
そのため、全体的な生産性の落ち込みにもつながっていき、最終的には会社の経営にも関係する事となります。
こうした影響を受けない為には、早期に職場環境について考え、対応していく事が重要となるでしょう。
人手不足が謳われている現在、こうした問題を根本的に解決していく事が求められます。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る