近未来の働き方、車内が移動会議室となる未来とは?

近未来では、移動手段に関する考え方も大きく変化し「車内が移動会議室となる」といわれています。
近未来では移動手段に対し、考え方がどう変化するのでしょうか?
また、車内が移動会議室になるというのは具体的にどのような状態なのでしょうか?
近未来の働き方の中で、移動手段に関する変化について紹介していきます。

近未来の移動手段は?

近未来では、移動手段にかなりの変化があると考えられます。
まず、車については現在も開発が進められている自動運転技術が実用化され、多くの車が無人化することとなるでしょう。

そうなった時、タクシーとマイカーとの違いはそれほど大きくなくなるため、マイカーを保有する人はその数を大きく減らすことになる、と考えられます。
また、IoT技術によって車がネットワークにつながることで、運転が効率よくされるようになって渋滞も大幅に減ることとなるでしょう。

さらに、現在の新幹線などは、リニア中央新幹線をはじめとしたリニアモーターカーに変化していますから、これまで以上のスピードで目的地に到着することができるようになります。

このように、私たちは便利な移動手段を得る事で、今までのように運転などをする必要はなくなります。
その一方で、車内でできることが増えてくるのですが、その一つが移動会議室ということになります。

車内の移動会議室とは?

車内が移動会議室になるというのはどういうことでしょうか?
先ほども述べたように、IoT技術の開発が進んでくると車もネットワークから交通情報を得るようになります。
しかし、ネットワークにつながっているということは、それ以外の用途でもその回線を利用することができるということです。

将来的に、会議は今のように会議室に集合するのではなく、仮想空間の会議室に集まるようになると考えられています。
そうなると、どこにいようともネットワークにさえつながっていれば、会議に参加できるようになるということです。

そこで、自動運転自動車に乗車して目的地に到着するまでの時間を利用して会議を行う、という考え方をするのです。
たとえ車内にいても、会議を行うのは仮想空間の会議室なのでネットワークさえあれば問題ありません。

乗車中、特にやることはないので、時間を有効活用するという意味でも活躍するでしょう。
もちろん、目的地に到着してもまだ会議中だった場合は会議を継続することになります。
その時は、そのまま乗車して会議を行うか、いったん会議を中座して場所を移してから続けることになるでしょう。

移動会議室以外でも、自動運転自動車の社内では様々なことができます。
さすがに運動は難しいでしょうが、実際に体を動かす以外はたいていのことができます。
場所が必要な場合は、仮想空間を利用すればいいので、車内というシチュエーションに縛られることもありません。
移動会議室というのはあくまでその可能性の一端であり、多くの人が集まる必要があるようなことでも問題なく行えます。

当然ながら、何もしないでゆっくりと過ごす、ということも可能でしょう。
自動運転技術の発達によって、自動車の運転という責務からは解き放たられる事となる上、IoT技術の発達でネットワークにいつでもつながることができるため、自動車に登場している間の時間の使い方は、今とはがらりと変わることになるでしょう。

まとめ

自動運転技術の発達によって、自動車に乗車している間にやらなければいけないことは、特になくなります。
同時にIoT技術 が発達することで、車もネットワークへと常に接続されるようになるので、そのネットワークを利用して車内から仮想空間にアクセスし、車内を移動会議室にする事ができるようになります。
移動中の時間を会議に使うことで、乗車中の時間を有効に活用しましょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る