近未来の働き方、車内が移動会議室となる未来とは?

近未来では、移動手段に関する考え方も大きく変化し「車内が移動会議室となる」といわれています。
近未来では移動手段に対し、考え方がどう変化するのでしょうか?
また、車内が移動会議室になるというのは具体的にどのような状態なのでしょうか?
近未来の働き方の中で、移動手段に関する変化について紹介していきます。

近未来の移動手段は?

近未来では、移動手段にかなりの変化があると考えられます。
まず、車については現在も開発が進められている自動運転技術が実用化され、多くの車が無人化することとなるでしょう。

そうなった時、タクシーとマイカーとの違いはそれほど大きくなくなるため、マイカーを保有する人はその数を大きく減らすことになる、と考えられます。
また、IoT技術によって車がネットワークにつながることで、運転が効率よくされるようになって渋滞も大幅に減ることとなるでしょう。

さらに、現在の新幹線などは、リニア中央新幹線をはじめとしたリニアモーターカーに変化していますから、これまで以上のスピードで目的地に到着することができるようになります。

このように、私たちは便利な移動手段を得る事で、今までのように運転などをする必要はなくなります。
その一方で、車内でできることが増えてくるのですが、その一つが移動会議室ということになります。

車内の移動会議室とは?

車内が移動会議室になるというのはどういうことでしょうか?
先ほども述べたように、IoT技術の開発が進んでくると車もネットワークから交通情報を得るようになります。
しかし、ネットワークにつながっているということは、それ以外の用途でもその回線を利用することができるということです。

将来的に、会議は今のように会議室に集合するのではなく、仮想空間の会議室に集まるようになると考えられています。
そうなると、どこにいようともネットワークにさえつながっていれば、会議に参加できるようになるということです。

そこで、自動運転自動車に乗車して目的地に到着するまでの時間を利用して会議を行う、という考え方をするのです。
たとえ車内にいても、会議を行うのは仮想空間の会議室なのでネットワークさえあれば問題ありません。

乗車中、特にやることはないので、時間を有効活用するという意味でも活躍するでしょう。
もちろん、目的地に到着してもまだ会議中だった場合は会議を継続することになります。
その時は、そのまま乗車して会議を行うか、いったん会議を中座して場所を移してから続けることになるでしょう。

移動会議室以外でも、自動運転自動車の社内では様々なことができます。
さすがに運動は難しいでしょうが、実際に体を動かす以外はたいていのことができます。
場所が必要な場合は、仮想空間を利用すればいいので、車内というシチュエーションに縛られることもありません。
移動会議室というのはあくまでその可能性の一端であり、多くの人が集まる必要があるようなことでも問題なく行えます。

当然ながら、何もしないでゆっくりと過ごす、ということも可能でしょう。
自動運転技術の発達によって、自動車の運転という責務からは解き放たられる事となる上、IoT技術の発達でネットワークにいつでもつながることができるため、自動車に登場している間の時間の使い方は、今とはがらりと変わることになるでしょう。

まとめ

自動運転技術の発達によって、自動車に乗車している間にやらなければいけないことは、特になくなります。
同時にIoT技術 が発達することで、車もネットワークへと常に接続されるようになるので、そのネットワークを利用して車内から仮想空間にアクセスし、車内を移動会議室にする事ができるようになります。
移動中の時間を会議に使うことで、乗車中の時間を有効に活用しましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

教育業界:学校教育と著作権問題!児童や生徒の作品にも著作権はある?... 「著作権」というと、音楽や書籍、絵画、写真、映画、コンピュータプログラムなどの著作物を創作した者に対...
マイナンバー制度の導入で年金手帳は不要になった?... 2016年度から導入された「マイナンバー制度」は一般的に「国民総背番号制」とも呼ばれている制度で、国...
超スピード時代に超スピード対応する企業の経営スタイルとは?... 現在は言うまでもなく超スピードで社会が変化しています。 例えば、10年前の2008年に今のような社...
役員退職金が否認されてしまう事もあるのを知っていますか?... 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退...
リスクマネジメントと危機管理の違いとは?... 危機というものは既に発生した事態を指すものですが、これに対してリスクはまだ発生していない危険のことで...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る