企業はエマージングリスクにどう備えるか?

リスクの種類の1つに、「エマージングリスク」というものがあります。
元々、保険業界では浸透している概念なのですが、最近では多くの企業でも意識するようになってきています。
しかし、具体的にどのようなものなのか、知らない人も多いでしょう。
ここでは、エマージングリスクとは何か、解説していきます。

エマージングリスクとは?

エマージングリスクというのは、ニューリスクともいわれるもので、保険業界においてなじみ深いものとされています。
このリスクは、どういったものを指しているのでしょうか?

このリスクが指しているのは、狭義としては従来であれば予期していなかったようなリスクのことです。
また、それ以外にも従来予期はしていたものの、その頻度や重大さが予想をはるかに上回っていると判明したリスクも同様に呼ばれます。

保険業界では、これまでもこのエマージングリスクをカバーするべく、常に新しい保険を商品として売り出し、その都度成長してきました。
例えば、製造物に対して欠陥概念に基づいた厳格な責任が導入されるようになると、保険業界ではそれまであった生産物賠償責任保険に特約を新設することで、この責任問題にも対応できるようにしたところ、加入者が一気に増えています。

同様に、商法が改正された際に株主代表訴訟をそれまでよりも容易に提起できるようになった際には、その対策となる会社役員賠償責任保険、略称D&O保険などを売り出しています。

阪神淡路大震災、および東日本大震災などが起こった時も、その規模と被害は予想を大きく超えるものでした、
その後、被災地域での地震保険加入数は大幅に増加しています。
このように、保険業界ではエマージングリスクというのは非常になじみ深いものとなっています。

しかし、最近では保険業界以外でも、エマージングリスクという考え方が浸透しています。
企業では、エマージングリスクに対してどう備えるべきでしょうか?

エマージングリスクへの備え

企業がエマージングリスクに備えるには、まずその特徴を知らなくてはいけません。
エマージングリスクには、どういった特徴があるでしょうか?

まず、エマージングリスクというのは非常に認知するのが難しいもので、また認知したとしてもどの程度のリスクがあるのか、そのリスク評価をするのも困難です。
さらに、どうやってそのリスクを除去、もしくはすればいいのかという方法が確立されていないことも多いのです。

また、技術の革新に伴って生じることも多いという特徴もあります。
例えば、現在開発が進められている自動車の自動運転システムや、普及が進むAI、その他さまざまな最新技術に伴って生じるリスクはいくつもあるでしょう。
ただし、こうしたリスクに備えるということは、技術の革新を助けることにもつながっていきます。

最後に、エマージェンシーリスクというのは、リスクが顕在化するまではそれに対応した保険などがないことも多いため、リスクの転移というのが難しいことがあります。
先ほども言ったように、リスク評価が難しいことから迅速に保険商品とすることも困難でしょう。

こうした特徴がある中で、企業ができる備えとしては、事前の調査によるデータ収集を行い、そのデータを評価することでエマージングリスクを特定し、具体的な対策を考えていくことでしょう。

この時は、まずエマージングリスクにつながると考えられる問題を特定してから、データ収集を行います。
データ収集の方法としては、関係者の意見などを求めるほか、専門家による意見交換なども行うべきでしょう。

企業として、思わぬ事態においてもそのリスクを回避できるよう、常にエマージングリスクへの備えを欠かさないよう心がけましょう。

まとめ

このように、保険業界などでは常に意識されているエマージングリスクですが、最近では一般企業のリスク管理にも適応されるようになっています。
しかし、エマージングリスクはまだはっきりとしているものではないか、もしくは想定以上に規模が大きいものなので、簡単に備えができるものではありません。
まずは、素早い対応が可能となるように、情報収集をしっかりと行いましょう。

コメントは利用できません。
 

関連記事

こんな記事も読まれています

粉飾決算を企業が行うリスクとは?... もしも中小企業が銀行から融資を受けるために財務状況を良く見せようと粉飾決算を行い、その事実が銀行に分...
IT業:IT業界における人材問題... 20世紀後半から21世紀にかけてIT革命が起こりました。 それからもIT業界は進化をし続けている状...
製造業:製造業者はリコールリスクをどう考えるべきか?... 製造物はメーカーから卸売業者を経て小売店に卸し、最終的に消費者の手に渡るという流れ一般的です。 し...
従業員の健康問題は経営にどう影響するのか?... 昨今、企業の経営において注目されているのが、従業員の健康問題です。 なぜ注目を集めているかというと...
年次有給休暇の取得が義務化?企業の行うべきこととは... 年次有給休暇をとりづらい中小企業の取得率の実態 日本の年次有給休暇の取得率は毎年50%を下回ってい...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る