アメリカ輸出時における製造物責任(P/L)法対策!海外展開ビジネスリスク

あなたが製造業を行っており、海外輸出を行っている場合PL訴訟リスクは常に付きまといます。そこで今回はアメリカへ輸出する際のPL法対策について解説させて頂きます。

アメリカのPL法とは?

PL法は国によって内容が異なります。
今回取り上げるアメリカでは、製品がアメリカ国内のどこで使用されていても、さらには契約上で免責条項を設けていてとしても、被害者が万が一提訴した場合は、製造業者は必ず応訴しなければなりません。
また、PL訴訟を行われた場合に関係する事業者のどこまでが被告となるかついては州によって異なりますが、多くの場合製造業者だけでなく、輸出業者や商社・販売業者なども含まれます。
近年の傾向としては、衣料品関連の訴訟件数が増加しており、2015年には日本の製薬会社がPL訴訟され、その和解金として総額3,241億円という莫大な金額の引当金を計上したと報じられています。
このように海外においけるPL訴訟はその会社の存続する危ぶむほどの額に膨れ上がることもあり、日本国内以上に対策を行っておくことが重要です。

PL法対策といて海外PL保険を検討しよう

PL法対策方法はいくつかありますが、そもそもで言えば、やはりそのような訴訟が起きない製造を心がけることにあります。
つまり、社内での製造安全対策の徹底や、起こり得るリスクの未然防止などはもちろん、社外にむけても安全対策におけるデータの公開やISO取得などのアピールを行うことも必要でしょう。
また、万が一商品に不具合が発見された場合でも、迅速でかつ手厚いフォローを行うことも求められます。
このような基本的な対策を行なった上で、必ず検討するべきこととして海外PL保険に加入することです。
先ほども例に挙げたようにアメリカでのPL訴訟の賠償額は非常に大きくなる傾向にあり、会社の存続が非常に危ぶまれます。そのため日本国内以上にPL保険によるリスクヘッジが重要だと言われています。
PL保険付保の方法ですが、おすすめは2つあります。
1つは経験十分なアメリカの保険会社と提携している国内保険会社に付保する方法。もう一つは、輸入業者との契約上の定めに基づいてアメリカ保険会社に共同付保する方法です。
もちろんアメリカ向けのPL保険は、他国に対してのものと比べると保険料が高くなる傾向がありますが、訴訟リスクを考えるとやはり経験豊富な保険会社でのPL保険付保はおすすめです。

今回はアメリカに対するPL法対策について解説させていただきました。
これらの内容は国によって少しずつ異なる場合が多いですから、あなたが進出を検討している国のルールを調べることをおすすめします。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業が知っておくべき情報漏洩のリスク... 情報の持ち出しや、データが残っているパソコンなどの廃棄などで、情報が漏洩してしまうと企業は知らなかっ...
マイナンバー制度とは?情報漏洩リスクへの具体的な対策は?... マイナンバー制度は、住民票を有する人全てに配布される12桁の個人番号です。「税」「社会保障」「災害」...
健康経営/労働環境リスクからの脱却... 近年、従業員が心身の健康を継続できる環境で働くことができる状況を築くことが新たな経営課題として注目さ...
サブプライムローンとは?世界の経済に影響を与えた問題とは... 2007年から2009年にかけて、世界の金融市場と経済を大きく混乱させた原因にサブプライムローンとい...
健康経営/健康管理を怠った場合の企業リスク... 企業は従業員を雇う以上、健康維持ができる労働環境を整備していくことが必要です。従業員の健康管理を積極...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る