増えています、会社従業員からのまさかの訴え!

近年では未払い残業代を巡って労働者と会社が労働審判や訴訟問題に発展するケースも多く、訴えられる側となる会社はそのリスクについて理解しておく必要があるでしょう。
従業員(解雇の場合などは元従業員)からの訴訟や労働審判という場合、労働組合や会社代理の弁護士を相手に交渉が行われていれば交渉段階で次に訴訟や労働審判に発展する可能性は予測できます。
しかし交渉は行わずいきなり訴えられるケースもありますので、会社にある日突然裁判所から訴状(労働審判申立書)が届いた場合の初期対応について確認しておきましょう。


ある日突然訴状が届いたら?
裁判所から訴状が届いてから訴訟(労働審判)の第1回期日までは約1か月なので、時間的余裕がありません。期日の1週間前くらいまでに訴状内容を認めるかどうかを確認し、反論があれば答弁書に述べる必要があります。
答弁書を作成までの作業量は少なくなく、添える証拠も必要です。たった3週間で完成させるためには綿密な計画の上で作業が必要です。その限られた準備期間内で完成させるためにも早急に弁護士に相談する事が適切と言えるでしょう。
弁護士に相談した後は何をすれば良い?
ただし弁護士に相談すれば、あとは任せておけば良いわけではなく、会社側も答弁書を作成する上で訴状内容を認めるかどうか、事実経緯の整理、資料収集などが必要です。

・内容を認めるか認めないか
訴状内容を認めるのか、否認するのか、知らないなら不知といういずれかに分け認識を示します。
仮に認めれば後で事実が間違っていた場合でも否認することは出来ず、会社は不利な状況に陥る可能性があります。
過去のことなので忘れている、または事実を知らないという場合でも、関係者に確認を取りながら資料を確認して認否作業を行いましょう。

・事実経緯の整理
訴状には訴える側の従業員にとって有利な事情だけが記載されていますので、会社が有利になる事情を含めた主張を答弁書で述べていく事が必要です。
労働審判になると期日は原則3回までなので、第1回期日まで会社側から一通り主張を行うための事実経緯の整理が必要です。

・証拠書類の収集
会社の主張が正しい裏付けの資料が必要ですが、このように問題が起きそうな事案は事前に資料を整理しておく様にしましょう。
従業員とのやりとりが口頭のみで書面に残していないケースが多く、資料残されていない事がほとんどです。このような場合は関係者の供述を書面として起こす事になりますが、事前に従業員とのやりとりは書面に残しておく事で後に問題が起きた時役立ちます。
もし訴えられたら早急な対応が必要
この様にある日突然従業員からの訴状が会社に届くケースも十分考えられます。その場合には早急に弁護士に相談し、特に労働審判申立書は1日を争う状況である事を理解しておく必要があるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

会社役員賠償責任保険とは?役員を守る保険の内容について... 「D&O保険」とも呼ばれる「会社役員賠償責任保険」は、会社の役員が安心して経営に専念することができる...
クーリングオフ制度とは?事業者間での取引にも適用される?... 消費者を守るための制度 特定商取引法で規定された販売業者と一般消費者の間で締結した契約について...
リスクに備えるために指導体制の基準を作ろう... 会社経営においてリスクマネジメントの重要性は年々大きくなっていると言えます。 しかし、多くの経営者...
介護離職は40~50代に多い!今後避けるための知恵とは?... いつ何がきっかけで親や家族が要介護状態になるかは誰にもわかりません。 厚生労働省の調査では、介護で...
時代の変化、市場の変化に対応出来る営業スタイルとは?... 会社の業績を伸ばすためには多くの場合顧客数を開拓する必要があります。 BtoCなら個人顧客、Bto...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る