情報セキュリティとは?企業の情報を守るために

パソコンやタブレットなどでインターネットに接続してサービスを利用することはとても便利なことです。

しかしそこから大切な情報が外部に漏洩したり、ウイルス感染によるデータ破壊などが起こらないように情報セキュリティ対策を行う必要があります。

情報セキュリティとは?

一般的な情報セキュリティとは、三大要件と言われる情報の機密性・完全性・可用性の3つを確保することを言います。

・機密性の確保
情報に対するアクセス権を一部の人だけに限定することで、情報が漏洩することを防ぎます。

・完全性の確保
情報の変更を正当な権利を持つ人以外が行えない状況にすることで、データの改ざん防止に繋がります。

・可用性の確保
システムの二重化や電源対策として、情報を必要な時に使用できる状態を確保します。

企業や組織の情報セキュリティ

企業や組織になると、保管されている情報は営業機密に関する情報、顧客情報、社員の個人情報など実に様々な情報です。

これらが漏洩してしまい悪用されることを防ぐために、そしてシステム不具合によるサービス停止で社会的な影響を与えないために、適切な情報セキュリティ対策を行うことは企業にとって当然の責務と言えるでしょう。

一人ひとりが適切な知識を持つ必要性

常時ネットワークに接続されている職場環境の場合、1台のパソコンがウイルスに感染すればそこから一気に拡大し大きな損害へと発展する可能性があります。

企業で情報管理を行う担当者を設けていることも多いでしょう。しかし情報セキュリティに対しての知識は利用者(従業員)一人ひとりが持つべきと言えます。

どのような対策が必要?

パソコンなどをデータ管理のツールとして利用している場合には、それらが消失や損壊することがないようにしっかりと保管する必要があります。

そのため地震や落雷、停電など予期せぬ出来事が発生した際に、保管しているデータを失わないように定期的なデータバックアップが必要になるでしょう。

また、復旧するための備えも必要になります。

情報セキュリティポリシーを策定し、組織の中で利用する人の認証を設定したり、それぞれの利用者に対しての情報セキュリティ教育、ハッキングや不正侵入への対策などが必要な対策としてあげられます。

高度情報社会と情報セキュリティ

社会の情報通信技術はますます発達しており、情報が盗難されたりシステムが破壊されるといった犯罪も発生しています。

インターネットなど情報通信技術へ社会が依存していくにつれて、情報セキュリティ対策はさらに重要になるでしょう。

企業の利用者一人ひとりが情報セキュリティに対してしっかりと知識を持ち、安心して仕事に励めるような環境づくりを行うことが大切です。

これから日本の高度情報社会の繁栄のためにも情報セキュリティは重要な課題となるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

「カリスマ社長」がいるからこそ発生する企業のリスクとは?... 会社の規模を問わず、日本全国には「カリスマ社長」と呼ばれる経営者がいます。 そのカリスマ性を発揮し...
中小企業経営者が頭を悩ます後継者問題はなぜ起きるのか?... 中小企業が抱える問題の一つに後継者問題があります。 日本にある企業の99%が中小企業であることから...
経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(長期療養)... 健康保険に加入している人が、ケガや病気で仕事を休んだ場合には一定の要件を満たすことで「傷病手当金」を...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(病院)... 病院や医院の業務が様々な事故が起きる可能性を秘めています。特有の事故が多いため、しっかりとリスクマネ...
雇用環境を考える 柔軟な働き方がしやすい環境整備... 働き方改革を進める上で働き方の多様性を認めることは必要不可欠になります。 つまり、一人一人にあった...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る