生命保険の基本形「年金保険」について解説します

年金に関する話題が世間を賑わせたことは、まだみなさんの記憶に新しいかと思います。
ニュースを見る中、現在の制度に頼りっぱなしでは不安だ、と感じた人もいるでしょう。
みなさんは、そのような不安が払拭できるような保険があることを、知っているでしょうか?
今回は、年金保険について解説します。

加入するとどのようなメリットがあるのか?

年金保険は、一定期間保険料を支払うことにより、老後の生活が始まった際に保険料として支払った金額を年金として受け取れる保険になります。
自分で必要な生活費を、老後も働きながらカバーしていくのは、結構大変ですよね。

年金保険に加入しておくと、早い段階からお金を貯めることができ、金銭面の不安は少なくなるでしょう。
その他にある年金保険のメリットは、以下の通りです。

・貯蓄型の保険ならではの強制力

保険料は、決まった金額が自動的に口座から引き落とされる形になり、解約の手続きは簡単ではありません。
そのため、自分でお金を管理するよりは、ずっと良い方法だと言えますよね。
強制的に支払いがされることになるため、何らかの事情がない限りは、確実に将来お金を受け取ることができるでしょう。

・保険料は税金の控除対象になる

毎月保険料の支払いがあることにより、年末調整確定申告の際には控除の対象となります。
そのため、翌年の住民税等の計算において、私たちは税制上の優遇を受けることになりますよね。
そのまま貯金をしているだけでは、このような控除の対象にはならないでしょう。

保険の仕組みを使いながら、確実に将来お金が受け取れるだけではなく、現在の生活においても金銭面で有難いメリットを得ることができます。

受け取り期間によって、保険内容には種類がある

年金保険は、受取人や期間によって、主に3タイプに分類することができます。

①契約者の生死は関係なく受け取れる確定年金

これは、支払った保険料を一定期間受け取ることができますが、受取人は契約者本人に限りません。
例えば、契約者が亡くなった場合は、その家族がお金を受け取ることができますので、家族の将来の生活まで想定している内容になるでしょう。
紹介される年金保険の中では、比較的取り扱い数が多い商品かもしれません。

自分の死後のことまで含め、将来設計を考えたい人には向いている保険になりますよね。

②契約者が生きている時に限り受け取れる有期年金

有期年金は、あくまで契約者を対象として一定期間支給する内容になり、保険料は他の内容と比べると比較的安めになっていることがあります。
保険料の負担を第一に考える人は、検討してみても良い内容かも知れませんね。
しかし、契約者が早めに亡くなってしまうと、受け取れる金額が少なくなってしまうデメリットも存在します。

そのため、保険の中には、遺族に対しての保証期間付けられていることがほとんどです。
確定年金よりは、受け取れる金額を増やしたいけれども、家族への保証も少しはあってほしいという場合は向いているでしょう。

③契約者本人が生きている限り、ずっと受け取ることができる終身年金

終身年金は、契約者が死亡するまでの間、年金を受け取ることができるという内容になります。
保険料は高めなことがほとんどですが、その分しっかりとした金額を、生きている限り受け取ることができますので、支給が途中で終わることはありません。
他の内容では、お金を受け取れる期間は限られていますので、長生きすればするほど、お得であることが分かるでしょう。

その一方で、他には付属している保証内容である、契約者の遺族に対しての支給はありません。
つまり、契約者本人が生きている場合は、多くの恩恵が受けられやすいと言えるでしょう。

まとめ

今回は、年金保険について解説しました。
これは、強制力のある手段で、将来の生活費を貯めていこうとする貯蓄型の保険になり、最近勧められることが多くなっています。
どのくらいの期間、誰に支払われるのかによって、細かな保証内容や支給金額は変わってきます。
近年は、様々な商品や制度が登場していますので、複数の内容を検討して、自分の理想と合う内容を探してみて下さい。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

生命保険の基本形「終身保険」について解説します... 生命保険に加入すると考えた時、最も基本的な商品として「終身保険」を勧められることが多いでしょう。 ...
「カリスマ社長」がいるからこそ発生する企業のリスクとは?... 会社の規模を問わず、日本全国には「カリスマ社長」と呼ばれる経営者がいます。 そのカリスマ性を発揮し...
地震で甚大な被害、生産停止で中小企業では倒産リスクも…... 2016年4月に起きた熊本地震は、自動車業界や電機業界を直撃し、一時的な全国的生産停止に追い込まれる...
これからの経営に必須になる!?事業ビジョンの作り方... 会社経営を行なっているといくつかの壁に直面するものです。 その中でも最も多くの経営者が頭を抱えるの...
従業員の健康管理と雇用リスクの関係は?... 近年、企業の経営の一環として、従業員の健康管理を行うことが重視されるようになってきました。 従業員...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る