不測の事故に備えた経営がなぜ今重要視されているのか?

「不測の事故に備えた経営」は現代において非常に重要です。
不測の事故への備えは言い換えればリスクマネジメントとなります。
リスクマネジメントは年々重要性を増しております。
そこで今回はなぜ不測の事故に備える必要性が上がっているのかを解説させて頂きます。

なぜ不測の事故に備える経営の重要性が上がっているのか?

そもそもなぜリスクマネジメントという言葉を頻繁に聞くようになったでしょうか。その背景には、リスクの複雑化があります。
あらゆる業種やサービスでのIT化や海外取引の増加など、以前は存在していなかったようなリスクが続々と登場しています。リスクは、単発で起きるものもありますが、多くの場合はいくつかの要因が重なり発生するものですから、リスクの数が増加すればするほど比例して複雑化して行くものです。
リスクが複雑化して行く程、発生までに気づかない事も多く、気付いた時には大ごとになってしまっているケースが非常に多くあるのです。
だからこそ、常に不測の事態を想定しておく重要性が増しているのです。

どのように不測の事態に備えるのか?

不測の事態と言ってもあらゆる事態があります。
ここでは代表的なリスクマネジメント方法をご紹介させて頂きます。
すでにご存知の方も多いかと思いますが、代表的な方法として企業保険があります。
企業保険は大きく分けると、生命保険と損害保険に分けることができます。
生命保険は、入院や手術、人の生死に関する事態に備えるためのものです。
また、生命保険は解約返戻金を資金繰り対策として利用できたり、支払い保険料を損金とする保険では節税対策として利用することも可能です。
損害保険は、建物や設備などの不測の事態に備える火災保険や損害賠償を請求された場合に備える賠償責任保険などがあります。
このような企業保険に入ることで、最低限不測の事故に備える事が可能で、いざという時に大きな役割を果たすことができます。

リスクマネジメントと経営

最後にリスクについて少し考えて見ましょう。
リスクと聞くと、後ろ向きのイメージを多くの方がお持ちになるかと思いますが、リスクマネジメントとはあくまでにも「不確実性」に対する準備をすることです。
つまり、競合他社に負けないための設備投資や新たな事業などの前向きな投資などにもリスクマネジメントの一種と言えます。

競争が激化する現代だからこそ、これからの企業経営はこのような前向きな投資に対するリスクを多くとっていかなければなりません。
つまりリスクマネジメントと経営は非常に密接したもので、決して後回しにしてはいけないものです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業は女性従業員への健康サポートが重要~その理由とは?~... 従業員の健康管理を行う企業が増えつつありますが、その対象として考えられているのは主に男性従業員であり...
企業のリスク管理は体制作りから始めよう... リスクの複雑化により企業におけるリスク管理の重要性は今後ますます高くなります。しかし、多くの企業はま...
異物混入に対する食品製造業などの企業が背負うリスクとは?... 食に関係する事業の大きな問題として、異物混入問題があります。 異物混入とは製品中に異物が混ざるとい...
徹底した顧客視点がこれからの企業戦略に必要になる... 2020年東京オリンピックが決まったことで、日本経済は勢いづきました。 では、2020年以降はどう...
消費者団体訴訟制度の関係法令が企業法務に与える影響とは?... 消費者裁判手続特例法をご存知でしょうか? 経営者であれば、言葉くらいは知っておくべきことですが、関...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る