税金対策と保険/利益の繰り延べを考える!

法人の節税として、半分損金計上できる保険への加入を検討している企業もあるでしょう。しかしよくよく考えて見たら、例えば解約返戻金を受取る時点の解約返戻率が100%の保険だとしても、いざ解約時に税金が発生すれば単なる利益の繰り延べにしかならないと思えるかもしれません。
では法人が保険に加入し、死亡保障として確保する以外、保険に加入する意味は何なのでしょう。保険が節税に役立つ仕組みを理解しておくことで、安心して加入することができます。


法人が契約する保険の役割
確かに一般的に法人が保険の契約をしただけでは、ただ利益を繰り延べているだけで節税とは言えません。法人が保険契約する上での保険の役割は、帳簿上の利益を帳簿の外の含み資産である解約返戻金に移すことです。
決算を迎える時点で利益をそのまま法人税として納税しないで、万一に備えつつも損金を作りながら解約返戻金で貯めることが法人保険の役割だと言えます。
帳簿の外に移した解約返戻金という利益は、どこかのタイミングで解約して帳簿に戻すことになるでしょうが、その時点で大きな利益となってしまいます。
解約返戻金を使うことができるイベントとは?
利益の繰り延べではなく節税として意味を持たせるためには、解約時に大きな損金を作ることができる経営的なイベントがあり、その原資として解約返戻金を活用して解約返戻金を受取ることによる利益を消すことで成り立ちます。
何もしないで黒字決算をすればそれまで納付していなかった法人税をまとめて支払うことになるので節税効果は得られません。
保険を解約する時に利益を消すイベントとして、例えば役員退職金や大規模修繕などが考えられます。
役員退職金準備に保険への加入を勧められたことがあるかもしれませんが、それは解約返戻金を受取るタイミングと退職するタイミングを上手く合わせることにより節税効果が見込めることが理由です。
役員退職金の準備として保険が有効な理由
ただし一般的に大きな金額を支払い、全てが損金計上可能なものは多く存在していません。不動産購入や設備投資なども、損金として計上できるのはごくわずかで、減価償却という考え方により経過年数に応じた損金計上を行うことになります。
そのような一度に落とすことができない経費が多い中で、役員退職金に関しては支払った金額のほとんどを損金として計上することができます。
「役員最終報酬月額×役員在任年数×功績倍率」の範囲内で役員退職金を設定しておけば、支払った役員退職金については全て損金として計上可能ですので、保険を有効に節税対策として使うことができるでしょう。
節税対策に保険を上手く活用できるために
せっかく加入した保険がただの死亡保障への備えや利益に繰り延べにならないためにも、いざ解約返戻金を受取るタイミングに役員の退職などのイベントを合わせることで節税効果が見込めます。
このようなことも踏まえながら、保険への加入を検討してみましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

初耳?企業ががん対策を取り組む必要性が高まっている... 企業が取り組むべき課題は時代の変化とともに変わるものです。 今であれば、ダイバーシティ、つまり働き...
企業に求められる情報セキュリティ対策の必要性... 情報化社会の利便性はいつもリスクと隣合わせ インターネットや情報システムは、現在企業や組織を運営す...
サ高住(サービス付き高齢者住宅)のリスクを考える!... 高齢者が増えているからと、ただ単に高齢者向けの施設や住宅に投資をしてしまうという安易な考え方は失敗を...
災害が発生した時、企業が行うべき対策とは... 企業防災は、地震などの災害が発生した時の被害を最小限に抑えるため、そして災害が発生した時に企業が活動...
“アンコンシャス・バイアス”を取り払うことの重要性... 皆さんは「アンコンシャス・バイアス」という言葉を聞いた事がありますか? 日本語では無意識の偏見や思...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る