中小企業の現状と直面する課題:IT投資の遅れ

中小企業が生産性の向上を目指す上で、課題となっていることがあります。
それは、IT投資に対する遅れです。
大企業と比較して、中小企業ではIT投資が低調であると言われているのですが、その理由はどのようなところにあるのでしょうか?

IT投資の遅れの原因は?

中小企業にとって課題となっている、IT投資の遅れの原因とは、どのような事なのでしょうか?
実際に行われたアンケート結果から、その理由を考えてみましょう。

最も多くの企業が回答した理由は、ITを利用する人材が不足しているという事です。
次いで、初期投資に必要なコストの負担、社員のITに対する理解不足、費用に応じた効果があるか判断できない、増大するリスクへの対応が難しいという回答が続いています。

これと同じアンケートを、大企業に対しても行っているのですが、その回答数の順番はあまり違いがありませんでした。
しかし、大企業の方がそれぞれの回答をしている割合が高いのは、大企業の方が中小企業よりも課題を正確に認識しているということを示しているのかもしれません。

回答された課題からは、設備投資のコストよりもむしろ、ITを導入しても使いこなせる人材が不足しているという点がIT投資の遅れを生み出していると考えられます。
この人材の確保は急務といえるでしょうが、コスト面の課題も無視できるものではありません。

IT投資におけるコスト面の課題

IT投資が遅れる原因としては、コスト面での課題も理由として挙げられます。
情報システム等を導入するための初期費用はもちろんですが、それに加えてセキュリティ対策も必須となるので、そのコストは無視できないでしょう。

実際に、情報処理関連の支出を見てみると、ハードウェア費用やソフトウェア費用と比較して、保守委託料や運用費用などのサービス関連の費用は決して割合が小さいものではありません。
こうした費用は継続的に必要となるものなので、1度の支出としては少なくてもトータルとしては決して少ないとは言えないでしょう。

特に中小企業にとっては、このようなランニングコストは大きな課題となります。
それだけのコストを投資しても、どれだけの効果があるのかはっきりとしないことで、投資に二の足を踏む企業は多いのです。

そこで、今後中小企業がIT投資を進めていく上で求められるものとしては、ITに明るい人材がいなくても使いこなせることを前提として、導入するための初期費用が少ないシステムや、効果が分かりやすいサービスなどが考えられるでしょう。

このような条件に当てはまるものとしては、SaaSやASPなどが考えられます。
しかし、中小企業の中ではこういったサービスについて知らないと答えている企業が多いので、まずは知名度を高めることが必要となるでしょう。

それと同時に、人材の確保にも取り組んで行くべきです。
現在は、IT人材の不足に中小企業だけではなく大企業も悩んでいるので、人材は条件のいい大企業へと流れていくことも多く、中小企業ではなかなかその不足を解消することができないでしょう。

しかし、人材を確保することで得られるIT活用の実感は非常に大きなものとなるので、今後の中小企業ではITに対する理解を深めていくと同時に、必要な人材の確保にも努めていく必要があるでしょう。

まとめ

中小企業では、IT投資の遅れが課題として挙げられています。
その課題の原因としては、IT人材の不足やコスト面の負担などが挙げられます。
実は、大企業でも同様の課題を抱えていることが多いので、何らかの工夫をしなければまず大企業から人材が埋まっていくこととなりかねません。
そのため、中小企業がIT投資を進めるには、専門的な知識がなくてもITの活用が可能となるようなサービスを選ぶことが重要となるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

建設工事においての施工リスクを軽減するためには?... 建設業において必要なのは安全衛生水準を向上させることで、危険・有害性の高い業種であることからも、調査...
サイバー攻撃にはどんな種類があるのでしょう?... 企業が対策を考えなければいけない脅威の一つが、サイバー攻撃です。 ネットワークを通じてコンピュータ...
事業承継/中小企業経営者の高齢化問題... 中小企業や小規模事業者の場合、企業を運営していく基盤となるのは経営者の経営能力や意欲であることが多い...
事業承継/M&A対策が必要な意味... 上手くM&Aを活用することができれば、会社は企業の金銭的価値を高めることができる傾向がありま...
事業承継/会社の清算と株式譲渡での税金の違い... 企業を廃業して清算することになれば、これまでの技術やノウハウはすべて台無しになり、さらには雇用や取引...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る