海外拠点の移転時の失敗!海外展開ビジネスリスク

海外進出を進める日本企業が年々増えています。
その背景には日本国内のあらゆる業種が成熟期をむかえ厳しい生き残り競争を強いられていることがあるでしょう。
しかし、海外に拠点を作る際には失敗もつきもので、それにより会社全体が厳しい状況に陥ってしまうなんてこともあります。
そこで今回は海外拠点移転時によくあり失敗事例について解説させていただきます。

想定外コストに備えよう

日本企業が海外に行く理由として、国内での競合他社との激しい価格競争から逃れるために、というものあります。
実際海外に行けば国内で販売するよりも利益が出るのでしょうか?
おそらくこの問いに対して、「国内と違って同じ商品やサービスを提供している業者がいないから大丈夫」と答える方もいるのではないでしょうか?
しかし、競合がいないから大丈夫というのは実は大事な視点が見落とされています。
それは、その商品やサービスに対しての認知がないということです。
つまり、国内で販売する際は、国民みな知っているという土俵の上で展開できますから、あとは独自性をどう出すかに注力すればよかったですが、認知がない国で販売するためにはそもそも知られるところから始めなければなりません。
つまり、国内では発生しない販促コストが発生する可能性が非常に高いのですから、結果的に販売はできたとしても手元に残る利益は国内以上に少ないなんてことがあるかもしれません。
また、そもそもその商品やサービスがその国の人に受け入れられない、だから競合がいないという可能性もゼロでありません。
海外に行けば文化が違いますから、習慣や行動も異なります。
そういった中であなたの会社の商品やサービスはその国の人にとっては不必要であるかもしれません。この辺りも必ず進出前にチェックするようにしましょう。

海外進出サポート詐欺に気をつけよう

海外進出を行う多くの場合に、コンサル会社などに進出サポートを依頼するケースが多いかと思います。
その際に気をつけなければいけないのは、進出詐欺です。
詐欺というと現地企業などを利用した場合のイメージが強いかもしれませんが、意外と日本人でも詐欺を行う方は多いものです。
例えば、「現地に10年以上住んでいるからお任せください。」というような宣伝文句で営業をかけサポート案件を受注する人がいますが、極端な話どれくらいの期間住んでいるかはそれほど重要ではありません。
しかし、同じ日本人で何十年も住んでいるんだったら安心だとついつい勘違いしてしまうケースが多く、結果的に騙されてしまうことがあります。
進出サポートをお願いする場合は、過去の実績や人柄などをみてお願いするようにしましょう。

撤退ラインは予め決めておきましょう

海外進出を行う際に、ついつい陥りやすい失敗としてズルズルといってしまうことです。
海外にはうまくいかない場合に言い訳する理由がいくらでもあるのです。
逆に言えば、その分「まだできる!」と過信してしまうということです。
例えば、先ほどもあげた「認知度」の問題。
進出したは良いものの、なかなか思うように売れていかない。その理由はどうやら認知度にありそうだから、広告宣伝費をかけていこう。
この決断はなんの問題もありませんが、いつまでにいくらの広告宣伝費をかけて、いくらの売り上げを作るかを決めずに行なってしまう場合があります。
もちろん広告を行うことで売り上げは上がりますから、これらの判断軸を予め作っていなければ辞めるに辞められない状況になってしまいます。
そして結果として国内以上に厳しい経営状況に陥るなんてこともあります。
そうならないためにも最初からいつまでに、どの状態になっていなかったら撤退、というように撤退ラインは作った上でアクセル全開で動いた方がいいでしょう。

日本ブランドありきで考えることはやめよう

海外、特にアジアに展開する場合、日本ブランドだから人気になるだろうと考えている方が少なくありません。
しかし、最初から日本ブランドありきで判断を進めることは非常に危険です。
確かに日本製品は品質がいいと現在でも認識はされていますが、中国や韓国などの海外製品の品質も近年では上がってきており、それでいて日本製品よりも安いという状況です。
家電がわかりやすい例でしょう。
アジア諸国の一般家庭にある家電は、ほとんどが中国や韓国製品です。
つまりかつてほど日本ブランドが一人勝ちできる状況では全くないということです。
日本は島国であることから意外とこの事実に気づいている経営者の方は少ないようですから、その過信を捨てて海外での経営戦略を立てることが重要です。
また、これは自社ブランドにも同じことが当てはまります。
一歩海外に出れば日本国内で培ったブランド価値はないものとして考えるか、もしくは進出前から海外向けにブランディングを進めるかなどの方法が必要でよう。

今回ご紹介した内容は、日本企業が海外に拠点を作る際によくある失敗例です。
これらを参考に同じ過ちを繰り返さないよう戦略を組んでいただければ幸いです。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

粉飾決算を企業が行うリスクとは?... もしも中小企業が銀行から融資を受けるために財務状況を良く見せようと粉飾決算を行い、その事実が銀行に分...
リスクマネジメントと危機管理の違いとは?... 危機というものは既に発生した事態を指すものですが、これに対してリスクはまだ発生していない危険のことで...
教育業界:教材の著作権に関する問題は教育機関の大きなリスクに... 現在教育分野では情報通信技術を活用する方法が多く取り入れられるようになっています。しかしここで問題と...
経営に関するリスク/従業員の自殺... 従業員がうつ病を発症して、仮に自殺してしまったとしても労働者の故意とされることで労災認定されないこと...
社内規程と議事録はなぜ必要か?... 社内規程はその社内のルール、議事録は会議内容の記録のことですが、それぞれの必要性や役割をしっかりと理...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-4-18

    個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

    会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…

プレミアム記事

  1. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  2. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  3. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  4. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  5. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  6. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  7. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  8. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  9. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  10. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…

話題をチェック!

  1. 2019-4-4

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
ページ上部へ戻る