中小企業こそミッションやビジョンが必要な理由とは?

ミッションやビジョンが経営に必要、という言葉はあらゆる場面で聞くようになりました。おそらくこの記事をお読みの方も聞いたことがあるという方が多いでしょう。
しかし、これを自分ごととして捉えられている経営者の方はそれほど多くないよう傾向にあるようです。特に中小企業の経営者の方にとってはミッションやビジョンは二の次になってしまうケースが多いようです。
そこで今回は、中小企業にこそミッションやビジョンが必要である理由について解説をさせて頂きます。

ミッション・ビジョンとは何か?

ミッションやビジョンはよく耳にする言葉ではあありますが、実際意味を正確に把握できている方は少ないようです。
そこでまずは、ミッションやビジョンとは何かを解説させていただきます。
ミッションは直訳すると使命や重要な任務という意味で、ビジョンは将来の構想や展望という意味です。
つまり、会社経営をどんな使命(ミッション)をもって行い、それを実現するための構想(ビジョン)は何かを明確にすることが重要と言われているのです。
例えば、いまや外国人の訪日旅行の定番にもなっているドンキホーテホールディングスのミッションとビジョンは次のようなものです。
「ミッション」
顧客最優先主義
「ビジョン」
第一条 高い志とモラルに裏づけられた、無私で真正直な商売に徹する
第二条 いつの時代も、ワクワク・ドキドキする、驚安商品がある買い場を構築する
第三条 現場に大胆な権限委譲をはかり、常に適材適所を見直す
第四条 変化対応と創造的破壊を是とし、安定志向と予定調和を排する
第五条 果敢な挑戦の手を緩めず、かつ現実を直視した速やかな撤退を恐れない
第六条 浮利を追わず、中核となる得意事業をとことん突き詰める
いかがでしょう?ドンキホーテらしさを感じるミッション・ビジョンですね。
このように使命実現のために会社が向かう方法を定義して置くことで、一貫した意思決定が可能になり、このミッションやビジョンを読んだことがない顧客に対しても、会社のスタンスは伝わり共感が生まれるのです。

中小企業にとってミッションが後回しになってしまう理由とは?

中小企業の経営者の方がミッションやビジョンの構築を後回しにしてしまう要因はいくつかあります。
中でも大きな理由としてあるのは、経営者自身がトップ営業マンであることが多いからでしょう。
つまり、現場に立ちすぎていることから、どうしても視野が今日や明日までしか見えず、意思決定が短期的なものになってしまいます。
しかし、この状況ではついつい目の前の利益に走りがちな状況のため、意思決定に統一性を出しにくく、結果的に顧客の共感を得にくいというデメリットがあります。
これを回避するためには、日々の業務の中で時間を創出することは難しいと思いますから、年末や年度末などにまとまった時間を確保してミッションやビジョンを構築する時間を作ることがいいでしょう。
その際、経営者一人で考えるよりも、役員や将来を期待している社員などと共に考えることがおすすめです。
そうすることで、より多くの従業員の理解を得ることができ、会社全体に浸透しやすいメリットがあります。
また、これらの構築を後回しにしてしまう他の理由として、経営者自身がミッションやビジョンを構築するメリットを理解していないことがあります。
しかし、中小企業だからこそミッションやビジョンは必要なのです。

ミッション経営がもたらすメリットとは?

中小企業にとってミッションやビジョンを構築することは多くのメリットを生み出します。
現在あらゆる商品やサービスが均一化し価格競争に陥っている状況です。
価格競争で大企業に勝つことは非常に至難の技です。
つまり、中小企業は価格以外の部分で顧客に選ばれる必要があるのです。
QPSという言葉をご存知でしょうか?
QはQuality(品質)、PはPrice(価格)、SはService(サービス)を意味しています。顧客が購買行動を起こす際に、無意識のうちにQPSで比べていると言われています。
このQPSのうち価格での競争は中小企業にとって不利ですから、品質やサービスで勝負をする必要があるということになります。
そしてこの時にミッションやビジョンがあることが大きなメリットになるのです。
現在の顧客はある意味非常に目が肥えている顧客とも言えます。
単純なサービスや品質だけで判断はせず、その背景にあるストーリーまで読み取ろうとします。ここ最近「もの売り」から「コト売り」へと言われているのはこのためです。
つまり、商品のバックエンドを語る上でミッションやビジョンが明確にあれば、より顧客の共感を得やすいというコトです。
そしてこの共感はリピートにもつながります。人口減少の現在で顧客のリピートは企業の存続に必要不可欠な要因です。
また、ミッションやビジョンは会社全体の意思決定スピードを上げてくれます。
これまで経営者でなければできていなかった意思決定も、ミッションやビジョンという軸があることで現場に意思決定を任せられる機会が増え、積極的な権限譲渡が可能になるのです。
変化の激しい現代で意思決定スピードの速さもまた、企業を存続させるためには必要な条件といえるでしょう。

このように中小企業ほど大企業にたちむかうためや時代に淘汰されないためには、ミッションやビジョンが経営に必須となるのです。
是非この機会にまとまった時間を取って頂き、構築していただければ幸いです。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

使用者賠償責任に対応した保険活用... 例えば工事現場などで労災事故が発生した時、安全配慮義務を怠ったことが原因であれば作業員に対して雇用主...
年金制度が破綻するリスクは?少子高齢化による年金への不安... 企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破...
運送事業の最低車両台数は貨物自動車運送事業法の定め?... 運送業界も厳しい話題が増え、最近ではトラック運送業者の最低車両台数割れというのが問題になりましたが、...
食品販売業のリスク:賞味期限と消費期限... 賞味期限は定められた方法で保存した場合に品質保持が可能だと認められる期限を示す年月日です。 一方の...
危ない会社の特徴とは?こんな取引先は危険?... 日本では中小企業だけでなく大企業でも倒産危機を迎えるリスクが高くなっています。取引を開始しようと検討...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る