PL法とは?欠陥製品の責任は誰が負う?

PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律ですが適用対象は製造業者だけというわけはありません。

PL法で対象になる「モノ」とは

PL法で製造物責任の対象になるものが何かというと、製造又は加工された動産です。

PL法で定めのある製造とは原材料や部品に手を加えて物品を作り出すこと、そして加工は物品に手を加えて本質を保持しながら新しい属性や価値を付けることを言います。

未加工の農産物などは製造物責任の対象とはなりませんが、農産物を加工して漬物にして有害物質が混入した場合などは製造物責任の対象になります。

・修理もPL法の対象?

修理についてはPL法の対象にはなりません。

修理はあくまでも元の状態に戻すことなので加工とは違ったニュアンスで取ることができるということも覚えておきましょう。

建設会社はPL法に関係ない?

自社で部材を製造している建設会社などは関係がなさそうですが、PL法には製造物を業として製造、加工又は輸入した者にも責任があるとの記載があります。

輸入した者にも責任があるとのことなので、外国から部材を輸入し自分で製造や加工をしていない場合でもPL法が適用になるということも考えられます。

被害を受けた側が実際に海外の製造業者まで責任を問うことは難しい状況にあるため、輸入業者に責任を追及し、輸入業者が海外の製造業者に求償すれば良いという考えに基づいた法律と言えるでしょう。

PL法での「欠陥」とは?

そもそもPL法は欠陥についての責任を問うものなので何も欠陥がなければ責任を負うことはありません。

PL法の欠陥とは、製造物が安全性を欠いている状態であることで、次の3種類の状況が考えられます。
・設計上の欠陥
製造物を設計する段階での安全配慮が欠けていたために、製造物全体が安全性に欠けたものとなった場合

・製造上の欠陥
製造物の製造過程において粗悪な材料の混入、組立の誤りなどが起こり設計・仕様どおりに製造できず安全面を欠く状態となった場合

・指示上の欠陥
危険性が存在する製造物について、消費者側で事故防止・回避するための適切な情報を与えていなかった場合

PL法での「責任」とは?

PL法に基づく責任とは、欠陥によって生命、身体又は財産を侵害した時に発生する損害賠償責任です。

過失責任については欠陥と相当の因果関係のある損害限度で賠償する必要があり、どのような損害でも賠償しなければいけないというわけではありませんので、PL法についても同じ考え方があてはまると言われています。

本当に自社はPL法に関係がない?

PL法とは製品に欠陥が合った場合に被害者が製造会社などへ損害賠償を請求できる法律です。

自社は製造会社ではないから関係ないと思っていても実は関係があるケースもあります。

適用になった場合には多額の損害賠償が発生する場合もありますので、万が一に対しての備えを確保しておく必要があるでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営の危機的状況に追い込まれた時に行うべきこととは?... 企業経営を行っていれば業績の波は経験するものです。 しかし、現代は非常に変化が波へしく昨日まで好調...
従業員の低い就業意識を向上させる効果的な研修とは?... 会社経営を行う上で、従業員の就業意識は非常に大きな問題です。 経営者は会社の中でも最もモチベーショ...
海外展開!意外と知られていない撤退コストを考えよう... 海外展開をしていてもうまくいかないケースがもちろんあります。 特にこれまで日本企業が強いとされてい...
食品製造業:食品産業のリスク管理を考える... まだ記憶に新しい人もいるかもしれませんが、2014年後半には食品に異物混入した事件が相次ぎメディアや...
危ない会社の特徴とは?こんな取引先は危険?... 日本では中小企業だけでなく大企業でも倒産危機を迎えるリスクが高くなっています。取引を開始しようと検討...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る