変化に強く組織に必要なレジリエンスとは?

スイスで開催されたダボス会議という世界経済フォーラムでは、研究成果のキーワードである「レジリエンス」という言葉が発表され、近年注目が集まっています。
今や、多方面から使われるようになったこの言葉は、具体的にどういったものでしょうか?
真相を探っていきましょう。

どのような意味なのか?

レジリエンスは、最近多くの分野で使われている言葉です。
しかし、そもそもどういう意味なのでしょうか?
まず、本来の意味や使われ方について考えてみましょう。

本来の意味としては、弾力や跳ね返り、回復力などの意味で使われていた言葉なのですが、フォーラムでの発表以降は多くの環境に対して適応が可能となる、生き抜くための力、という意味で使われることが多くなりました。

現在の使われ方としては、変化が生じた際にもそこから受けるダメージを低減し、逆境を吸収して最終的には成長につなげる力、という意味でも使われます。
文脈によっても多少意味は変わりますが、シンプルに言えばマイナスをプラスに変える力、というのが近いかもしれません。

現在、仕事をする上で強いストレスを受けていると感じているビジネスパーソンは増加傾向にあるため、ストレスを与える環境に適応して回復するためにはこの力が重要になるといわれています。

変化に強い組織を作り上げるためにも必要とされるのですが、具体的にはどういった場合にこうした力が必要となるのでしょうか?

組織で必要とされる理由

企業を始め、様々な組織では、突発的な混乱やビジネス環境の変化などが生じた際に、その状況に適応するためにレジリエンスが求められることとなります。
このような力を持っている組織であれば、企業が持続して発展を続けることができます。
組織としてこうした力を持つには、従業員が働きやすい環境を作ることや、健康であることが必要となるでしょう。

このような力は、多くの場合大きな事件や災害が生じた後に必要とされるようになります。
日本では、阪神淡路大震災や東日本大震災の後にその需要が増え、欧米ではアメリカの同時多発テロやリーマンショックなどが起こった後に、必要とされることが増えています。

組織としてこの力を高めるには、まず従業員に対してこうした力を持つことができるような研修プログラムを行っていくべきでしょう。
このプログラムは、たとえストレスが増大した場合でもそれに耐えられるような精神を作るためのトレーニングを実施するもので、働いていてストレスを感じにくい環境と健康を重視したものです。

それにより、従業員が心身ともに健康となるように助力して、その精神を逆境でも耐えられるように育成することが可能となります。
それは、結果として組織が持っている逆境に抵抗して成長する力を高めて、何らかの変化や困難が生じた際には柔軟な対応が可能となるような、しなやかな強さを持った組織として成長させることができるでしょう。

日本では、少子高齢化が社会問題となっているように、労働が可能となる世代の人口が特に減少しています。
その中で、逆境にも負けず成長できるような強化することは、強い組織を作るために必須となるでしょう。
現在は徐々に広まりつつありますが、今後はさらに多くの企業で取り入れられていくでしょう。

まとめ

たとえ不利な状況になったとしても、その状況に負けず成長することができるレジリエンスは、現在多くの組織で必要とされています。
組織としてその力を高めるには、まずその組織を構成している個人の力を高める必要があります。
今後、労働力不足に悩む企業が増えると思われる中、強い組織を作りたいと思っているのであれば、逆境でも成長できる力を持ちましょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

あなたは廃業を決断するデッドラインを決めていますか?... 会社経営を行っていれば、常につきまとうのが廃業のリスクです。 特に現代は非常に変化が激しく、たった...
生産性向上のためには前向きな投資が重要... 企業にとって、生産性向上への取り組みは急務となっています。 そのために重要となるのは前向きな投資な...
介護の現場/サービス残業問題... 介護ビジネスは売上に比例してそれに対する費用も高くなる傾向があるため、要介護者が増えて売上が上がって...
もしも会社が破産した場合、連帯保証人への影響は?... 運営している法人が破産してしまった際に、代表者や取締役など個人は通常であれば法人の負債に法的責任は負...
債務不履行リスクとは 信用リスク、クレジットリスク、もしくはデフォルトリスクと呼ばれているものが債務不履行リスクです。 ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-4-18

    個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

    会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…

プレミアム記事

  1. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  2. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  3. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  4. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  5. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  6. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  7. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  8. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  9. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  10. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…

話題をチェック!

  1. 2019-4-4

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
ページ上部へ戻る