iPS細胞

  • 2019/11/27
You are here:
< Back

読み
あいぴーえすさいぼう
意味
iPSとは、induced Pluripotent Stemの略であり、iPS細胞は、「人口多能性幹細胞」と訳される。体細胞に特定因子(初期化因子)を導入することにより樹立される、ES細胞に類似した多能性幹細胞のことをいう。再生医療に用いる細胞としてだけでなく、病気の発祥する仕組みや病気の原因調査、新薬の開発、細胞を用いた治療の研究など、さまざまな分野での応用が期待されている。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る