ADSL

  • 2019/10/10
You are here:
< Back

読み
えーでぃーえすえる
意味
Asymmetric Digital Subscriber Lineの略で、「非対称デジタル加入者回線」と訳される。電話の音声伝送には利用しない高い周波数帯を使ってデータ通信を行う。一般の電話に使われている、1対の電話線を使って通信する。「非対称」が示すように、上り・下りの速度に違いがあり、局からの距離により、ネットワーク品質、速度の減衰が発生する(局から6~7kmが限界と言われている)。
サイバーリスク/ネットワークとともに攻撃も進化

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る