障害者雇用率制度

  • 2019/6/27
You are here:
< Back

読み
しょうがいしゃこようりつせいど
意味
民間企業や国、地方公共団体は、障害者雇用率に相当する人数以上の障害のある人材を雇用しなければならないとする制度のことをいう。2018年4月以降からの事業主別障害者雇用率は、民間企業が2.2%、国や地方公共団体が1.5%、都道府県等の教育委員会が2.4%となっている。なお社会の変化を反映するため、障害者雇用率は5年ごとに見直しが行われている。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る