遺族

  • 2019/10/1
You are here:
< Back

読み
いぞく
意味
亡くなった人の後に残された家族、親族のことをいう。恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者、子、父母、祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者、子、父母、孫、祖父母)その他を指す。人の死亡に伴い、一定の給付がなされる場合に、受給権者の範囲を画するために用いられる。
個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る