消費者契約法

  • 2019/9/19
You are here:
< Back

読み
しょうひしゃけいやくほう
意味
消費者保護法制の体系化の一環として、2001年に施行された法律のことをいう。消費者と事業者との間の情報の質と量、および交渉力の圧倒的格差を考慮して、事業者の一定の行為により、消費者が誤認または困惑した場合に、消費者が契約の申込または受諾の意思表示を取り消すことができる権利などを定めている。2007年には、消費者団体訴訟制度を盛り込んだ改正が行われた。
契約破棄したい時はどうすればいい?契約解除の方法とは?

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る