消費税

  • 2019/12/27
You are here:
< Back

読み
しょうひぜい
意味
物品の購入やサービスの享受といった、消費に対して課される税金のことをいう。税制改革の一環で、直間比率の見直しから、1989年に実施された新しい間接税である。導入当初は3%であったが、現在は10%となっている。また、消費税を負担するのは消費者であり、売買の際に消費者が支払った消費税を、事業者が国に納めるというシステムである。
なぜ政府は財政出動しないのか?

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る