挙証責任

  • 2019/9/19
You are here:
< Back

読み
きょしょうせきにん
意味
訴訟上、証拠によって事実の存否が確認できない場合、裁判所はその事実は存在しないと仮定するが、それによって当事者の一方が受ける不利益を挙証責任という。刑事訴訟では検察官、民事訴訟では原告が原則として挙証責任を負う。「立証責任」とも呼ばれる。また、いずれの当事者が不利益を負うかの定めを「挙証責任の分配」という。
契約破棄したい時はどうすればいい?契約解除の方法とは?

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る