戸籍謄本

  • 2019/10/1
You are here:
< Back

読み
こせきとうほん
意味
ある人の戸籍の全部を写し取ったものをいう。人の身分関係を公に証明する重要な文書であり、誰でも一定の手数料を納めて交付を請求できるのが原則であるが、他方、個人の人権、プライバシーを侵すおそれもあるため、戸籍法では、その交付を請求できる者と場合について、慎重な配慮を加えている。ちなみに、戸籍の記載のうち、請求者が指定した部分だけを抜き写したものを「戸籍抄本」という。
個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る