天下り

  • 2019/12/17
You are here:
< Back

読み
あまくだり
意味
元々は神道の用語で、神が天界から地上に下ることを指すが、現代では、中途退職した官僚が出身官庁の所管する外郭団体、関連する民間企業や独立行政法人、国立大学法人、特殊法人、公社、公団、団体などに最終到達ポストに応じた就職斡旋を受けることを指して、批判的に用いられる。民間企業の上位幹部が、子会社の要職に就く際にも使われる場合がある。
なぜ財務省はそんなに増税したいのか?

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る