免震構造

You are here:
< Back

読み
めんしんこうぞう
意味
建築物を積層ゴム支承、滑り支承などで支持し、建築物の固有振動周期を地震との卓越振動周期より長くすることで、地震との共振を避け、地震時の建築物の揺れを低減させようとする構造形式のことをいう。建築物の耐震安全性、機能性、居住性の向上を目的としている。また、建築物内の床や機器のみを免震構造にすることを「部分免震構造」という。
自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

キーワードから用語を探す

  • Articles coming soon

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る